空の庭苑における納骨の仕方

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

皆さまこんにちは!空の庭苑の管理人の小町です。私は空の庭苑で納骨も担当させて頂いておりますが、空の庭苑は納骨も少し変わっていますので、今回は空の庭苑の納骨について簡単ではありますが、ご説明させて頂きたいと思います。

目次

  • 空の庭苑の納骨は何が違うの?
  • どんな骨壺になるの?
  • 納骨の様子
  • まとめ

空の庭苑の納骨は何が違うの?

まず空の庭苑での納骨で一般の納骨と違う所はお選び頂いている場所で骨壺の入れ替えをさせて頂いている所です。一般的な納骨だと火葬場で入れてもらう骨壺のまま納骨される場合が多いですが、そのままだと当庭苑の納骨室には入らないことがあるため、空の庭苑の場合はこちらで特別にご用意した骨壺を使用して納骨を行います。

 

どんな骨壺になるの?

骨壺に関しては下の写真を御覧下さい。こちらが空の庭苑のさくら葬で使用している細長い骨壺です。こちらでおひとり分のお骨を全骨で入れることが出来ます。他にも四角の骨壺もあります。

 

納骨の様子

こちらがさくら葬の納骨の風景です。納骨する時には、代表の方お一人に簡単に手を添えてもらい、一緒に納骨をさせて頂きます。意外と納骨室は深いので、お手伝いのスタッフが、しっかり支えて納骨を致します。

まとめ

いかがでしたが?空の庭苑の納骨であれば当日は必ずお手伝いのスタッフがおりますので、進行も問題ありません。天候が悪く雨が降っても、パラソルを準備して少しでもお客様が納骨しやすいように会場準備もさせて頂きます。
その他ご要望があれば出来る限り対応させて頂きますので、お気軽に相談下さい。

 

 

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
小町悠起

小町悠起

私は、以前働いていた職場で店長という立場で働いていました。朝から晩まで毎日が忙しく、バタバタと日々を過ごしていました。縁あって牧之原石材に勤めはじめ、空の庭苑のお客様担当係として、先輩方や、お客様からたくさん学ばせて頂いています。お客様とゆっくり接客出来る喜びをかみしめることができ、お客様からの「ありがとう」という言葉から元気をもらっています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket