シンプルなのがいい!土に還ることのできるお墓「花壇葬」

 

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

皆さんこんにちは!
秋も深まり寒さも増してきましたがいかがお過ごしでしょうか?
今回は空の庭苑にある「花壇葬」について紹介します。空の庭苑の空き区画は、ガーデニング葬L3区画と永代供養墓、そして今回紹介します花壇葬が、現在募集中の区画となっています。
花壇葬は昨今土に還ることのできるお墓としてじわりじわりと定着しつつある埋葬方法であり、またお問い合わせも多数ございます。シンプルといえば永代供養墓というイメージがありますが、花壇葬もそのシンプルさゆえに好感が持たれています。

そもそも花壇葬って何?


花壇葬とはその名が示す通り花壇上になった場所にお骨を埋める埋葬方法です。
イメージしやすい埋葬方法の一つにガーデニング葬がありますが、ガーデニング葬をスケールダウンさせよりシンプルかつ直接埋葬することでお花とともに埋葬後も過ごすことができ、最後は(埋葬方法次第で)土に還ることができます。

どのような人向けなの?

・とにかくシンプルなのが良い
・永代供養墓の合祀に抵抗がある方
・費用負担を少なくしたい方
・お花が好き、お花の中で埋葬されたい方
・土に還りたい方

空の庭苑「花壇葬」の特徴

・紙壺で埋葬することで土の中でご遺骨とともに溶け最後は土に還ることができます。
・墓石がないので費用を抑えることができます。 1霊 20万円
・お一人様1区画のご契約で紙壺に入れて埋葬しますので、他の方のお骨と混じることはございません。
・花壇の縁にステンレス製のお名前とQRコードが彫られたプレートをお付けします。QRコードには、埋葬された方の情報など、お客様が任意でお選びいただいた内容を記憶させることができます。
(パスワードで管理されていますので、他の方から読み取られる心配はありません。)
・四季折々のお花に囲まれた中で埋葬されます。

どのように埋葬されるの?

・お一人様1区画のご契約
・紙壺にお骨を入れ土の中に直接埋葬したします。
(有料になりますが陶器の骨壺に入れての埋葬も可能です)

まとめ

いかがでしたでしょうか?
昨今様々な埋葬方法がメディアでも取り上げられ、迷われる方も多いのではないでしょうか?
自然の中で埋葬されやがて土に還る埋葬方法は、生き物が自然の中で生きていく上でとても自然な埋葬方法ではないでしょうか?
ご興味を持たれた方はぜひ空の庭苑までお問い合わせください。
お客様のご意見ご要望を伺い様々な埋葬方法をご提案させていただきます。

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
美穂藁科

美穂藁科

印刷会社をはしごした後、デザイン事務所、某家電メーカー、都市計画コンサルト会社といろいろな会社を経て縁あってたどりついた先が牧之原石材でした。お客様対応など今まで経験した事のない仕事に日々奮闘中しながら、人生経験値をアップ中です!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket