需要の高まりをみせる合祀(合祀供養)とは?

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

「将来、お墓を承継する者がいない」「お墓のことで子どもに負担をかけたくない」「お墓を建てる費用を抑えたい」「簡単に済ませたい」などの理由から「合祀」を選択している方が増えております。ご存知でしたか?
【やいづさくら浄苑】でも「合祀」についてのご相談の増加は感じております。今回は「合祀・合祀供養」についてお伝えします。

 

【合祀とは、】

合祀とは、多くの方の遺骨を一ヶ所にまとめて納める供養方法で まさしく「合わせて祀る(まつる)」という意味になります。
永代供養における合祀墓は、永代にわたって供養と管理が約束されているので、将来的にお墓の承継者や供養する人がいなくても無縁仏・無縁墓になる心配がありません。また、合同の墓所に個人としてお骨を埋葬するだけなので、新しくお墓を建立するケースに比べ 物質的にも経済的にも非常に負担を少なく進められます。

【どのような方が利用されておりますか?】

合同の墓所に個人として埋葬して頂くので、お墓の管理や故人の供養は墓地管理者に任せることになります。その為、お墓の継承問題が軽減されます。
その為、「将来、お墓を承継する者がいない」「お墓の事で子どもに負担をかけたくない」などの問題をお持ちの方などがご利用されています。

特に最近では、継承者がいないお墓「無縁墓」を先回りして自分の代で「墓じまい」を行い、墓石を撤去して遺骨を永代供養墓などに移して合祀する方も増えています。
先祖代々の骨壺が増えて、納骨するスペースが一杯になってしまい遺骨整理の為、整理合祀するご家族も当苑でもいらっしゃいました。
また、大きなメリットと特徴として「合祀」は「個別の墓石を建てる費用が不要」、「お墓の維持費用がかからない」など 費用を抑えてお墓に入りたいとお考えの方に人気となってます。あなたは、これらに該当がありますか?

【合祀墓へのお参り方法】

共用の参拝スペースなどに供花立て、お線香立てを備えてあり、そちらをご利用頂きます。
また、永代供養墓の管理者が定期的(年に一回、または春秋のお彼岸毎など)に合同供養を執り行うところもあります。
合同供養の有無・回数については、契約前に確認しましょう

【合祀の際についての注意すべきポイント】

一度合祀にしてしまうと、遺骨は合祀区画の中で他の人の骨と混ざってしまい、誰の遺骨なのか分からない状態になってしまう為、遺骨を取り出し、返却されることができなくなります。
しかし、このような問題の解決策として、遺骨の一部を手元に残す「手元供養」とし、残りを永代供養してもらうこともできます。「やいづさくら浄苑」では「手元供養」を取り扱っておりますのでご興味のある方は お問い合わせください。

【「やいづさくら浄苑」の「永代供養墓」】

【個別埋葬】
個別に永代供養墓内の棚で永久安置致します。

【個別埋葬後13年で合祀(個人)】
個別に永代供養墓内の棚に安置させて頂き 13年後に 合祀致します。

【個別埋葬後13年で合祀(夫婦)】
個別に永代供養墓内の棚に安置させて頂き、ご夫婦揃ってから13年後に合祀致します。

【合祀埋葬】
故人様を永代供養墓の中で合祀します。

【やいづさくら浄苑】では、4つのタイプの供養をご準備しております。
ある種 合祀の性質でもある「不安感」を持たれているようでしたら、ご夫婦揃って過ごして頂ける「個別埋葬後13年で合祀(夫婦)」であれば、安心して眠って頂く事ができるでしょう。

  

【まとめ】

いかがでしたか。合祀の選択は 現代の少子高齢化や貧富の差があげられる時代的背景において、今後ますますニーズが高まると思われます。管理負担が少なかったり、費用も抑えられる等のメリットもありますが、やはり遺骨は他人と混ざった共同墓地の為、残された方々の意思や心情を改めて深く考え、自分一人で決めず、家族や親族の気持ちに耳を傾けてお選び頂くのが何よりです。

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
村松寛史

村松寛史

自身のライフバランスを見直し、二十数年間、勤めてきました会社を離れ
全く未知の石材業界に飛び込んで参りました。代表をはじめ、まわりのスタッフに日々助けられ、一歩、一歩前進させて頂いている毎日です。
プライベートでは、子供替わりの犬、猫、プラス 妻と 家の中をかけずり廻って遊ぶことが日課となっております。人生の最後の場所を 一期一会のご縁になりますよう、より良いご提案をさせて参ります。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket