<お墓を建てる場所は準備しておりましたが、そこにお墓を建ててしまって良いものか?>

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

こんにちは。今回は、お墓を建てる場所を先に準備されてらっしゃる方からのご相談についてお伝えします。
「ご本家がお世話になっている菩提寺に勧められた。」、「ご両親が準備して下さった。」とあまり積極的ではないにしろ墓所を先に準備されてらっしゃる方々が、ここへ来て、放っておけない不安な事があるようです。

【こんな、不安やお悩みの方はいらっしゃいませんか?】

お悩みになる原因としては・・・

ケース 1

寺墓地を準備しておりますが、檀家になる事に不安があります。寺院での手厚い供養は執り行っていただけますが、一般的には「入壇料」や、供養行事・納骨・回忌供養・読経などのお礼としての「御布施」などが必要になり、継続的な寄付や寺行事が、だんだんと経済的・心理的に負担にならないか?。また、子や孫の代になって、諸事情が生じた際にはスムーズに離檀できるのだろうか?

ケース 2

娘たちが嫁いでしまっており、継承者がおらず、そこにお墓を建てても数十年先には無縁墓になってしまう・・・。

ケース 3

地域の共同墓地を準備していたが、共同管理する住民が高齢になっており近々の管理すらままならなくなってしまった。

このようなお悩みから実際、墓所を返される方が増えております。

【墓所を返される前に・・・】

一般的に墓地(永代使用権)の返金はされず、転売もできません。
また「墓所の準備・確保」の状態ですので、「檀家」になっていないことから「改葬」とは違い、金銭面、お寺との交渉などの大きな負担が掛からない事の優位性がありますが、当然ながら関係各所には、事前に誠意を持ったご説明が必要です。

【このような方におすすめの霊苑は?】

永代供養を目的とした霊苑を選んで頂ければ、継承者がいらっしゃらなくても、無縁墓になる心配はございません。
また、無宗旨、無宗派の霊苑でしたら、「檀家問題」は存在せず、経済的・心理的に負担は取り除けますね。
「やいづさくら浄苑」も全墓所、永代供養付きで檀家制度もございませんので このような方には安心してお選び頂けます。

【まとめ】

以前に墓所をご準備されていらしゃる方も 今日や明日、将来の事を考えてみると、以前の未来予想図から状況が変わったものになっていませんか?。
現代の少子高齢化、核家族の広まりの時代的背景において、先祖代々と云うお墓の概念が少数化に向かっており、ひと昔前とは様相が変わりつつあります。
その為、多くの方々が、既存の枠に嵌らない新しく自由な供養を求めはじめており、最近では多種多様な供養が多く紹介され選択肢も増えて参りました。今回のような問題で迷われている方も、きっとご都合に合う供養の墓所があるはずです。改めて終活を行ってみてはいかかでしょうか?

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
村松寛史

村松寛史

自身のライフバランスを見直し、二十数年間、勤めてきました会社を離れ
全く未知の石材業界に飛び込んで参りました。代表をはじめ、まわりのスタッフに日々助けられ、一歩、一歩前進させて頂いている毎日です。
プライベートでは、子供替わりの犬、猫、プラス 妻と 家の中をかけずり廻って遊ぶことが日課となっております。人生の最後の場所を 一期一会のご縁になりますよう、より良いご提案をさせて参ります。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket