「考えていなかった!」ではダメ?霊園に関する注意点とは

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

皆様こんにちは!今回は意外と見落としがち、抜けがちだけど、注意しておきたい所を紹介させて頂きます。

ポイント① 宗教、法事、法要について

宗教についてよく他の霊園でもあるのが、宗旨宗派は問いませんという所です。特に、家族葬で葬儀をされた方や、完全無宗派の方には、宗旨宗派を問わないと聞くと、それならと思ってもしかしたらあまり深くお話を聞かずに契約・・・なんてこともあり得る事だと思います。ですが、宗旨宗派を問わないというのは要注意で、実際の意味は今までに行ってきた宗教関連の事はすべて不問にしますよという事だけであって、今後の事に関してはまた別のお話になります。大抵の場合、霊園の事に関してだけ言えば霊園管理にお寺さんがメインとなって運営していることが多いので、そのお寺さんの方針次第ということになります。細かいルールなどがあることは少ないですが、あまりにも確認せずにいると自分が思っていた条件と違ったということもあるかもしれないので注意が必要です。

ポイント② 公営霊園と民間霊園の違い

霊園に関しては大きく分けると、市町村が直接管理するものと、民間の会社が管理するところで大きく分かれます。お客様の中には公営の方が管理費も安いし、運営も安心できると考えているお客様もいらっしゃるかと思います。確かに市町村が管理してくれる霊園の方が安心感を持たれるかもしれませんが、民間霊園の管理費が比較的高い所が多い事にも理由があります。公営霊園は基本的に、お客様が主体で行っていかなくてはいけない所が多いです。公営霊園は管理人さんがいますが、掃除などは道路など利用される方々皆さんが使う所を主に行い、個別のお墓まで行き届いてはいません。なので、お客様がしっかり掃除などの管理をしていかないといけないという所もあります。また応募条件が民間霊園に比べると厳しく、倍率も高い為、中々購入したい時に思うようにはいかないという欠点もあります。民間霊園はそれこそ色々な運営方法や契約に違いがあるので、運営形態はさまざまですが、基本的には霊園の管理はすべて民間霊園を管理しているお寺様か委託されている会社で行います。墓石を拭いたり、お供えのお花の片付けなど細かい作業も行ってくれる所もあったりします。その為、管理費用も掛かるという感じです。
 

牧之原石材が管理している霊園について


私達、牧之原石材で管理させて頂いております「やいづさくら浄苑」では墓石の管理やお手入れはもちろん、アフターフォローまで行っています。当社の、お墓は建てるまでではなく、建ててからがお客様とのお付き合いの始まりだと考えているからです。納骨や法要をもし行われる場合でもお手伝いなどをさせて頂き、お客様にご負担が少ない形の霊園となっています。見学も随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡下さい。
フリーダイヤルはこちら→0120-148-023

まとめ

如何でしたでしょうか?墓地を求める際に、寺院墓地や霊園見学をして頂くことはとても大切なことであります。その中で、お客様が少しでもご自身にあった墓地を見つけられればと思っております。やいづさくら浄苑ではお客様への霊園の見学時のご説明だけでなく、アドバイスもさせて頂きますので、是非一度ご見学を検討されてはいかがでしょうか?

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
小町悠起

小町悠起

私は、以前働いていた職場で店長という立場で働いていました。朝から晩まで毎日が忙しく、バタバタと日々を過ごしていました。縁あって牧之原石材に勤めはじめ、空の庭苑のお客様担当係として、先輩方や、お客様からたくさん学ばせて頂いています。お客様とゆっくり接客出来る喜びをかみしめることができ、お客様からの「ありがとう」という言葉から元気をもらっています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket