檀家制度について考えてみましょう

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

今回は、「墓じまい」や「改葬」のお問い合わせが多く頂いている中からその核となるキーワード「檀家・檀家制度」についてお伝えします。

【檀家・檀家制度とは】

代々に渡って供養や法要をしてもらっている寺院を菩提寺(ぼだいじ)または、檀那寺(だんなでら)といい、その檀那寺と関わりのある人のことを檀家(だんか)と呼びます。 檀家とは、特定の寺に所属して寺を支援する家のことを指します。 檀家が、葬祭供養一切をその寺院に任せる代わりに、布施として経済支援を行うことが檀家制度です。

【厳しかった歴史から現代への変化】

檀家制度は古くは、室町時代の末期頃からは、人々とお寺との間に自然と檀家制度が構築されるようになりました。 その後、江戸時代以降、江戸幕府がキリシタン禁制を名目に宗旨人別帳の作成を法令化をきっかけに、檀家制度が法的に制度化されることになりました。 その為、人々は、仏様や ご先祖の供養のお参りや寺院で行われる説教などの集会に積極的に参加して宗教活動をしたり、お布施によって寺院を支えたり、葬儀を寺院に必ずお願いしたりするという「決まり」のようなものでした。 また、遠方への移住など以外では、別の寺院の檀家になることは許されず、世襲的に「家のお寺」を継ぐことが強要される厳しいものでした。 現代では、法的な制度は無くなり、檀家になる・ならないの選択は自由になりました。しかし、寺院にお墓を置かれるお宅の殆どが檀家として、葬儀や法要は檀那寺にお願いし、参詣や年忌法要、付け届けも行って頂くことになります。その上で可能な範囲でお布施を包むという文化は現代においても残っている風習です。 ちなみに「付け届け」とは、謝礼や依頼、義理で贈り物をすることを指して言います。

【檀家になるには? 檀家を離れるには?】

<入檀>

地方では、10万~30万円が相場と言われています。その理由として、法事法要など必要な時にお寺の施設を使うことが出来る、また位牌堂に上がっているご先祖様をお守り頂きご供養をして頂けるため入檀料をと言うお寺もあり、寺院内の墓地区画を購入した時にお支払いした金額に含まれる場合も多くあります。 また、一番困りますが「お気持ちで」や「うちは、頂きません」もあります。

<離檀>

お墓を別の場所に移動する場合に檀那寺からの離檀が必要となります。まず手続きには、自治体からは「改葬許可証」を発行してもらわなければなりません。埋葬されている市町村の役場から「改葬申請書」を手配して、檀那寺より埋葬(納骨)証明書を頂き、証明印が必要です。次に先祖の供養をして頂きお世話になった檀那寺への離檀料も必要です。感謝の気持ちを表すためのものなので、その「お気持ち」を包むと云われております。「お気持ち」にいくらくらい包めば良いものか悩むとこですが、地方相場は5万~20万円程度が一般的です。しかし決まったものではない為、高額な離檀料を請求する寺院もあるようです。予想外のトラブルに合わないように 事前に確認は必要であります。また、いきなりお寺に対し「離檀」と言ってはいけません。上手に進めるポイントもありますので個別にお問合せ下さい。

【檀家になったら・・・。】

参詣や年忌法要、付け届けなど、年間をとおして5回以上の寺行事の参加がございます。一方で檀家はお盆やお彼岸の多くの法要が行われる繁忙期において優先的に対応してもらえるメリットもあります。また、供養、法要について分からなく不明な点も 住職が相談にのって頂けます。そして最大のメリットは手厚い供養を受けられる事です。法要を一括でお願いできたり、地方で法要を行う場合も来てもらえるなどはその一例です。

【知っておきたいこと・・・】

上記で説明したように檀家になるにも、やめるにも費用がかかります。 寄付を求められる場合があります。寺院は檀家の支えで成り立っているため、寺の修繕や改修を行う際に寄付を求められる場合があります。ただし、これは払わなければいけないという決まりはないようです。

【檀家にならない選択】

現代ではお墓のあり方、供養の方法も多種多様となっております。 お墓を霊園に建てるというような場合や納骨堂に遺骨を納める場合、また、散骨をおこなう場合には檀家になる必要はなく非常に合理的簡素に供養を継続できます。 「やいづさくら浄苑」も永代供養付き墓所を現代の時代のニーズにあった会員制度で ご利用頂けます。

【まとめ】

いかがでしたか?本来は仏様や先祖を手厚く供養して頂ける檀那寺にお世話になりたいものですが、核家族化が進み、多くの人が 実家を出て、離れた場所に家を持ち暮らすようになってしまった為、一軒の檀家として寺院を支援するのが家庭環境や経済的理由からも難しくなってきており檀家離れが進んできております。 また最近では、寺院側からも檀家制度そのものをやめて、新たに縁を結ぶ独自の会員制度(組織)を設立して旧来の檀家制度からの変革の動きもみられてきました。

 

 

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
村松寛史

村松寛史

自身のライフバランスを見直し、二十数年間、勤めてきました会社を離れ
全く未知の石材業界に飛び込んで参りました。代表をはじめ、まわりのスタッフに日々助けられ、一歩、一歩前進させて頂いている毎日です。
プライベートでは、子供替わりの犬、猫、プラス 妻と 家の中をかけずり廻って遊ぶことが日課となっております。人生の最後の場所を 一期一会のご縁になりますよう、より良いご提案をさせて参ります。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket