永代供養した後の仏壇と位牌はどうしたらいいの?

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

皆さんこんにちは、牧之原石材の小町です。今回は最近お問い合わせが増えている永代供養についてのお話をさせて頂こうと思います。意外と該当する人も多いと思いますよ。

 

永代供養した後の仏壇や位牌のその後

永代供養してお骨を収めた後の仏壇や位牌については結論から言うと正解はありません。それぞれの事情や希望によって様々になります。永代供養と云うのは今後の供養をお寺さんが管理していくという意味ですので、そういった意味では仏壇や位牌は役目を終えているようにも思えます。ただしお客様自身が永代供養をした後でも故人様と向き合いたい、という事であればそのままお使い頂く事も問題ありません。逆に今まで色々と苦労してきたというお客様は処分をされても問題ありません。

他のお客様はどうしてるの?

私達の管理しているやいづさくら浄苑では全ての区画を永代供養として販売しておりますので、位牌をお持ちでないお客様以外ほとんどすべてのお客様がこの問題に直面しています。

私が実際に担当をさせて頂いているお客様の中ではやはり基本的には処分を検討されているお客様が多いです。また位牌のみにですが、やいづさくら浄苑の供養をして頂いているお寺様に預けて管理をしてもらうお客様も多くいらっしゃいます。簡単にいうと位牌の永代供養もありますという事になります。
極端なお話ですが、位牌に関しては燃えるゴミとして出しても法的には問題ありません。ただ周りの目もありますし中々そこまではできない方も多いはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?仏壇や位牌の整理については一概にこれですと言える答えが無い為、お客様の中でも判断に迷うことが多いです、ただ一つ言えることは供養をしっかりしてあげようとうという心が一番大事なのではないかと思います。その心を持って色々議論した結果であればどんな結論になったとしても間違えではないはずです。勿論私たちもお客様が満足できるような供養のカタチについて納得のいくまでご相談に乗らせて頂きます。

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
小町悠起

小町悠起

私は、以前働いていた職場で店長という立場で働いていました。朝から晩まで毎日が忙しく、バタバタと日々を過ごしていました。縁あって牧之原石材に勤めはじめ、空の庭苑のお客様担当係として、先輩方や、お客様からたくさん学ばせて頂いています。お客様とゆっくり接客出来る喜びをかみしめることができ、お客様からの「ありがとう」という言葉から元気をもらっています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket