ペットとの突然の別れ|ペットの葬儀・火葬はどうしたらいいの?

ペット 葬儀 供養 火葬

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

こんにちは!牧之原石材福島です。昨年末のことですが、16年間共に過ごした愛犬と突然の別れがありました。急な出来事で何をどの様にしたら良いか…選択する上で悩むこともありましたが、無事に旅立ちをさせてあげることができました。今回はそんな私の経験談とペットの葬儀・火葬についてお話しして参ります。

ペットの火葬について

人が亡くなった場合には、死後7日以内に届けが必要となり、手続きを経て「火葬許可書」や「埋葬許可書」を発行してもらわなければ火葬を受けられないことになっていますが、ペットの死に関しては規定などは定められていないようです。火葬は各自治体やペット専門の業者などがあり、業者によっては、移動火葬車をそなえているところもあり、自宅まで来てその場で火葬してくれます。
自治体(地域によって局の名称が異なるので確認が必要)での火葬は、数千円~1万円前後といわれており、民間のペット専門の業者では、1万円~6万円程度(大きさにより金額が違うようです)のようです。また火葬の際に、ご希望の場合にはセレモニーをすることも可能です。

実際に私は、近隣の自治体とペット専門の業者に問合せをし、金額や内容の確認をしました。私の問合わせをした自治体では、数日に1回の火葬ということ、また合同火葬ということで、遺骨は合同で供養されるとのことでした。またペット専門の業者さんでは、個別の火葬の対応もあり、遺骨も手元に残るということで、今回ペット専門の業者さんでお願いいたしました。
また葬儀についても、火葬の際にセレモニーを行なってくださり、お線香を上げ、ご拾骨し、ペットの骨壺へといった流れで、感謝の気持ちを伝えることやお別れをすることが出来ました。

まとめ


今回長い間家族として過ごしてきたペットだった為、私自身もしっかりとした形で見送ってあげたいと思い、ペットの葬儀社さんへお願いしました。亡くなった後は、短い期間でいろいろな選択をしなければならないということで、問合せをしたり、いろいろな方にアドバイスをもらったりということで、このブログも何かお役に立てたらと思い書かせて頂きました。実際にペット葬儀・火葬を体験したことで、ペットの死に向き合う事で、自分の中でも心の区切りがつき、お別れをすることが出来ました。またペットのお墓も現在検討中です。またお話しできたらと思います。
ペットのお墓とは?→ペットのお墓ってどういうのがあるんですか?
ペットのお墓「ワンハートストーン」→突然の家族(動物)との別れ・・・【ワンハートストーン】という供養方法

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
福島真弓

福島真弓

アドバイザー部株式会社牧之原石材
牧之原石材のお客様担当係。
お客様の思いに寄り添い、墓所の案内やアドバイスをしている。
明るい笑顔に癒されるお客さまも徐々に増えてきているとか?!
二児の母、骨盤体操講師でもあり、健康・子育て・石材と、日々成長中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket