ペットの永代供養とは?人と同じお墓には入れないの?

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

ペットの永代供養

作今、飼い主にとってペットも家族の一員でペットも人間と同じように供養してあげたいと考える方が増えています。そのような要望に応えてくれるのが、ペット向けの永代供養墓を扱うペット霊園です。供養の内容としては、火葬から納骨及びその後の供養までを永代に渡って行ってもらえます。基本的には、他のペットと合葬される「合同納骨」の形を取ることが多く、個別に塔婆を建ててもらえる事もできる所もあるそうです。納骨には立ち会うこともできますし、事前に予約が必要なことと、別途料金は掛かるようですが、僧侶に読経もしてもらえます。納骨後は、霊園の管理者に管理をしてもらえるだけでなく定期的に読経法要も行われています。ただあくまでペット専用の為、人間が入ることはできません。

人が入るお墓にペットが入ることはできる?

現時点では、ペットと一緒に入る事の出来る所は非常に少ないです。理由は宗教的な所にあり、仏教では動物を「畜生」に分類し、人間よりも劣る存在として見なされていることが一つの理由です。そのため、ペットと人間を一緒に供養することをお寺が許可していないことが多いからです。宗教的制約のない民間霊園でも、動物を苦手とする利用者への配慮から、ペットと一緒に供養することを許可していない場所が多いようです。
ペットと一緒に永代供養をしてくれる霊園もありますが、そのような霊園でも区画を分けてペットとの永代供養エリアを作り、ペットと供養されたい方、そうでない方と両者への配慮をしている所が多いようです。

永代供養以外の方法

永代供養以外での埋葬の方法として、自治体に依頼をするというものがあります。ペットのご遺体は、法律上では廃棄物としてみなされています。なので、市町村に問い合わせれば廃棄物として遺体の引き取りをされています。
ただやはり心理的に可愛がっていたペットを廃棄物として扱われることに抵抗のある方は多いと思いますので、そこはしっかりとご自身の気持ちが整理できるかどうか見極める必要があると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ペットの埋葬に関してはまだ色々と時代に追い付いていないことも多いので、ご自身の希望や思い通りにいかないこともあるかと思います。なので、事前にしっかり下調べをしておくことが大切です。私達牧之原石材でもご相談できますので、お気軽にお問合せ下さい。

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
小町悠起

小町悠起

私は、以前働いていた職場で店長という立場で働いていました。朝から晩まで毎日が忙しく、バタバタと日々を過ごしていました。縁あって牧之原石材に勤めはじめ、空の庭苑のお客様担当係として、先輩方や、お客様からたくさん学ばせて頂いています。お客様とゆっくり接客出来る喜びをかみしめることができ、お客様からの「ありがとう」という言葉から元気をもらっています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket