「将来のお墓」どうしますか?|埋葬の形の変化

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

こんにちは!牧之原石材の福島です。近年、葬祭・埋葬の様式がライフスタイルの変化や家族の形態などに合わせ、変わりつつあります。お骨の行き先として「お墓へ埋葬」というのが一般的に受け入れられてきましたが、現在では「新しい供養の形」として様々な供養方法も増えてまいりました。
新しい供養方法についてはコチラ→今話題の「新しい供養の形」を知ろう!
しかし「お墓に埋葬」を選択される方がまだまだ大多数であると感じます。それに伴い「お墓の埋葬」についても様々なお墓の形が増えてきました。今回は、「お墓の埋葬」の選択についてお話しして参りたいと思います。

お墓へ埋葬する「お墓の種類」について

遺骨をお墓へ埋葬するにあたり、近年ではライフスタイルの変化や家族の在り方などの変容から「お墓の種類」が増えています。単にお墓のデザインなどではなく、用途別と言ったらよいのでしょうか。この先の供養を見据えた形が見えてきます。

永代供養墓


永代供養とは、ご家族や子孫に代わって霊園や寺院にお骨を管理や供養をお任せすることを言います。永代といっても永遠にという意味ではなく、個別に埋葬している場合は、一定の期限を設けていることが多いようです。
もともと永代供養は、子供や家族へのお墓の継承者がいない方、身寄りのない方、後継ぎのない方の供養手段として選択されてきました。
永代供養墓を選択する場合→永代供養を選ぶ際のポイントとは
また「共同墓」という事例もございます→ 「共同墓」という供養の選択|「墓友」という新しい縁

両家墓


両家墓とは複数の家を一つにまとめたお墓の事を言います。近年では少子化に伴い、お墓の継承者がいないということから、夫婦の両家で共同でお墓を建立し、お墓の管理・継承をしていきます。
さらに詳しく両家墓については→名字が違っても同じお墓に入れるの?近年増加中!両家墓

夫婦墓


ご夫婦お二人で使用するお墓です。一般的なお墓の小さいサイズのお墓になります。将来のお墓の継承を前提としないので、管理費等の負担もなく、最終的には永代供養に移るタイプのお墓・またご家族の方が管理費を納めていただいている期間だけ使用できるタイプなど様々な形式のものがあります。
さらに詳しく夫婦墓とは?→夫婦だけで入れるお墓「夫婦墓」とは

まとめ


近年、この先のお墓の行方や、子供や子孫に負担を掛けたくないと不安に感じられている方など、お墓・供養について多くの悩みをお聞きする機会が増えているように感じます。しかし、残された家族や子供や子孫達の心の拠り所として、ご先祖様や親を供養できる場所があるということは素晴らしいことです。埋葬という選択の中での「お墓の種類」をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
福島真弓

福島真弓

アドバイザー部株式会社牧之原石材
牧之原石材のお客様担当係。
お客様の思いに寄り添い、墓所の案内やアドバイスをしている。
明るい笑顔に癒されるお客さまも徐々に増えてきているとか?!
二児の母、骨盤体操講師でもあり、健康・子育て・石材と、日々成長中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket