メディア掲載記事紹介!一人で抱え込まずに相談を(終活カウンセラー影山真里)

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

今月の母の日。2017年5月14日に当社の影山真里が、毎日新聞社様からの取材して頂いた記事が新聞に掲載されました。

目次

  • 実際の掲載記事
  • 掲載記事の内容
  • 終活セミナー開催日程
  • まとめ

実際の掲載記事

東海地方を中心とする地域で発行する毎日新聞(静岡県版)の2017年5月14日の記事に掲載されました。

毎日新聞(静岡版)

掲載記事の内容

1人で抱え込まずに相談を

近年終活ブームの中「何から始めればいいのかわからない」との声を多く聞く。牧之原市で墓石店を経営する夫晃さん(44歳)と結婚して仕事を手伝っているうち、店頭で葬儀や供養の相談を受けるように。今では終活カウンセラーとして県内で月一回の講演を行う。地元のラジオ番組にも定期出演し、情報誌のコラムの連載もかかえるなど活動の場を広げている。「終活は自分の人生を見つめ直すチャンス。難しく考えず和やかな雰囲気で取り組んでほしい」と語る。相談してきた人には「『迷惑をかけたくない』と一人で抱え込まず、家族など大切な人たちとしっかりと話し合う事が大切」と伝えるようにしている。
浜松市の短大を卒業し、保育士として4年間働いた。その後、選挙の女性アナウンス係を務め、結婚式や葬儀での司会業へと転身し結婚後は「人の役に立ちたい」と、さまざまな資格を取るようになり、司会業の経験を生かして終活のセミナーを開催するようになった。セミナーはエンディングノートの書き方など、初心者向け。子供連れの30代の女性など若い世代から高齢者まで幅広く参加するという。昨年10月には、日本相続管理士協会が新設した民間資格「相続管理士」も取得した。県内初の女性相続管理士として「弁護士などの専門家に相談するのがためらわれる人たちの地域の窓口になりたい」と話す。長男(4)長女(2)の育児と仕事の両立で多忙を極めるが「母親」「女性」ならではの気遣いを大切にしている。「相談に来た人に感謝されることに一番やりがいを感じる」といい
「これからも自分が学んだことを人の役に立てたい」と話した。【早川夏穂】

終活セミナー開催日程

影山真里が開催している終活セミナーの次回日程をお知らせします。セミナー後に、個別相談も行っております。お気軽にお申込み下さい。※完全予約制です。次回は2017年6月19日(火)、榛原郡吉田町で開催致します。↓(詳細はこちら)
開催|終活版「人生を整える 終活の魔法」~終活とエンディングノート書き方セミナー
↓(詳細・お申し込みは、画像をクリック)
aikyatti

まとめ

残された家族や大切な人が、後悔をしないさせないためにも、元気で色んな事を考え、伝えられる「今」準備を始めている人がたくさん増えています。「終活」を考えている方、何から始めたらいいか迷われている方、ぜひセミナーでお待ちしています。

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
福島真弓

福島真弓

アドバイザー部株式会社牧之原石材
牧之原石材のお客様担当係。
お客様の思いに寄り添い、墓所の案内やアドバイスをしている。
明るい笑顔に癒されるお客さまも徐々に増えてきているとか?!
二児の母、骨盤体操講師でもあり、健康・子育て・石材と、日々成長中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket