藤枝市 新しい供養 お墓|樹木葬霊園の数が増えていない理由とは?

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

こんにちは。最近、テレビやCMなどで様々な供養方法が紹介されていますが、その中でも『樹木葬』の人気は年々増加傾向にあるようです。しかし、人気がある割には新規での霊園の開発が進んでおらず、供給数が間に合っていないのが実際のところです。こんなに人気があるのにどうして、皆さんの需要に間に合わないのでしょうか?今日はそんな疑問にお答えしていきます。

2017年6月28日に公開した記事ですが、内容加筆、修正し2020年9月10日に改めて公開しています。

こちらもオススメ↓

樹木葬とは?新しい供養の形ってどんなものがあるの?|静岡県

目次

  • 宗教法人や行政の協力が必要不可欠
  • 元々霊園開発は市(地方自治体)の許可が必要
  • まとめ

宗教法人や行政の協力が必要不可欠

まず、霊園をつくるには当然ですが、場所の確保をしなくてはなりません。こちらは『墓地埋葬等に関する法律』に沿って公益財団法人や宗教法人が許可を受けた土地にしか開設出来ません。なので、民間業者だけでは霊園は作ることが出来ないということです。また、近隣住民の賛成、市町の厳しい審査を通ってやっと開発ができるようになります。あとはこちらも当然ですが、お寺のご住職によって供養に対する考え方も様々ですので、一般的にはお寺さんのご意向や考え方がまず第一になってきます。その為、私たち石材店の様な民営の法人が好きに開発することは、出来ません。

元々霊園開発には市(地方自治体)の許可が必要

次にお寺さんが『霊園をつくりたい』と言ってすぐに霊園を開発出来るかというと、そうではありません。霊園を開発するには、「墓地埋葬等に関する法律」等の許可基準を満たさなければ開発・運営をすることができません。霊園・墓地ならば「都市計画法」「農地法」場所によっては「河川法」なども関わってきます。「墓地埋葬等に関する法律」は、平成24年4月1日に一部改正され、墓地等の経営の許可等の権限が都道府県知事から市区町村長へ移譲されました。これによって、地方自治体が様々な角度から調査をしていき、かなり時間を要することにより霊園・墓地・納骨堂の開発許可が、非常に出にくくなったといわれています。

まとめ

いかがでしょうか?霊園の開発に関しての流れを簡単にご説明させていただきました。霊園を開発しオープンしたとしても、管理を維持継続することが出来るかどうかも非常に大事になってきますので、そういった面での管理会社も関係してきます。以上のような理由で、人気があるにも関わらず、なかなか霊園や樹木葬の開発ペースが需要に間に合っていないのです。霊園や樹木葬をお考えのかたは、まずはご見学に行かれることをおススメいたします。もし、その場所を気に入られたのであれば、予約をしご家族と話を進めるといいでしょう。また、今度来てから、考えようという方もいらっしゃいますが、人気がある樹木葬を要する霊園は区画が完売するペースも早く、次に霊園に見学に来たときは、『時既に遅し』という事も大いにありえますので、タイミングをよく見計らうようにしましょう。

藤枝市で初の樹木葬専用霊園「空の庭苑」の記事はこちら↓
藤枝市で初!樹木葬専用霊園 空の庭苑(そらのていえん)がオープン致しました!

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
小町悠起

小町悠起

私は、以前働いていた職場で店長という立場で働いていました。朝から晩まで毎日が忙しく、バタバタと日々を過ごしていました。縁あって牧之原石材に勤めはじめ、空の庭苑のお客様担当係として、先輩方や、お客様からたくさん学ばせて頂いています。お客様とゆっくり接客出来る喜びをかみしめることができ、お客様からの「ありがとう」という言葉から元気をもらっています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket