ブログメンバー紹介!遅れてきたルーキー⁉不惑の42歳

160113藤田紹介

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

アドバイザーをさせていただいております、遅れてきたルーキー藤田真吾です。
今日は私がどんな人間か紹介させていただきます。

目次

  • プロフィール
  • 生い立ち
  • こんな仕事してました
  • こんな1年にしたい

プロフィール

1973年10月16日生まれ不惑の42歳(2016年1月現在) てんびん座O型です。(バランス型の性格ですね・・・)
プライベートでは4児の父、4人とも女の子で家では非常に肩身の狭い思いをしており、トイレがくつろぎ空間のお父さんです。
ブログでは慣れないキーボードをたたいて悪戦苦闘しながら、みなさんに耳寄りな情報をお伝えしたく頑張っております。

生い立ち

茶産地静岡の中でも有名な川根で生まれ育ちました。
中学時代はバスケットボールに燃え、真剣に全国大会を目指し日々過ごしておりました。(その年全国大会が沖縄開催。沖縄に行きたいだけでした。)
高い志とは相反しあっさりと中部大会敗退、藤田の野望が消えました。
高校でもバスケットをやるかと思いきや、進学先にバスケ部が無く、何故か柔道部に入部。今の私の体形を知っている方は納得だと思いますが、実はその当時現在よりも40㎏も体重が少なかったのです。
その後も社会人リーグでバスケットは続けていたのですが、けがをきっかけに、「動けない→太る→体に負担がかかる→動けない」という負のスパイラルにはまり現在に至ります。(←痩せろよ!)

こんな仕事してました

高校卒業後の最初の就職先はこの辺りではそこそこ大きな一部上場の企業でしたが、JAの茶業関係の所からお話をいただき入所することとなりました。
茶業自体は幼いころから慣れ親しんだこともあり、非常に楽しく過ごさせていただきました。
当初は製造部門にいたのですが、徐々に農家の方への指導係となりこの時よりお客様と接する楽しさ、感謝されることの喜びと達成感を学びました。
その後、思うところがあり退職。お茶の仕事は続けたかったため一般のお茶屋に就職しました。
お茶屋さんを退職後、現在の牧之原石材にお世話になっております。

こんな1年にしたい

歩き始めたばかりのアドバイザーの道ですが、様々なお客様との出会いにより成長していく自分を感じています。
一つ一つ経験を重ね、一人でも多くのお客様から感謝の言葉をいただけるよう、お客様に寄り添った提案をしていきたいです。

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
藤田真吾

藤田真吾

アドバイザー株式会社牧之原石材
延べ20年間静岡の主幹産業である茶業界を務める。
人と接することの楽しさと喜びを知り、牧之原石材でアドバイザーの道を選ぶ。お客様の想いを汲み取り、より良い提案を心がけて奮闘中。
プライベートでは4姉妹の父。子供の成長していく姿が何よりも楽しみという女の子に囲まれた心優しい父でもある。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket