お墓が遠方にあり、なかなかお墓参りに行けない場合はどうしたらいいの?

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

以前住んでいた実家の近くに先祖代々のお墓があるけれど、遠方でなかなかお墓参りに行けないなど、お墓の維持管理に悩まれている方が増えています。何かと忙しい現代、仕事の関係などで実家を離れ、地方に移住して生活されている方も多く、実家に帰省するのも年に1、2回などという方もいらっしゃいます。実家に親族がお住まいなら、お墓参りもお墓の管理もお願いできるのでしょうが、すでに実家にはどなたもお住まいではなく、お墓だけが実家の近くにあるのでお困りという方も多いかと思います。今回は、お墓が遠方にあり、お墓参りにもなかなか行けない方へ、お墓を現在の墓所で維持するための対処法をご紹介します。

2017年11月4日に公開した記事ですが、内容加筆、修正し2018年7月28日に改めて公開しています。

目次

  • お墓参り代行とは?
  • お墓参り代行の種類
  • まとめ

お墓参り代行とは?

お墓が遠方などにあったり、交通の便の都合や体調が優れなかったりなど、なかなかお墓参りに行けない方が、ご自身に代わって、他の方にお墓参りに行っていただく方法です。

お墓参り代行の種類

親族や知人にお願いする方法

お墓の近くに親族がお住まいの場合には、親族の方にお願いしてお墓参りに行っていただく方法もあります。親族の方のお墓も同じ墓地にある場合には、ご一緒にお墓参りしていただくことも出来るのでお願いしやすいかと思います。費用の負担などを相談され、お互いが無理のない範囲で快く引き受けていただけることが条件になります。毎月決まった金額をお支払いして、同級生や知人などにお願いしているという方もいらっしゃいます。年に1度は帰省して、お墓参りしつつお礼に伺うのが良いでしょう。お互いの信頼関係が築かれている上で成り立つ事ですので、注意も必要になりますし、難しい場合もあります。

業者に依頼する方法

お墓の近くに親族や知人がいなかったり、親族や知人にお願いするのは気が引けるという方には、業者によるお墓参り代行サービスをお勧めします。専門に行っている業者もありますが、石材店や葬儀社などでも行っている場合があります。ご指定日にお墓にお伺いし、清掃・花の交換・お線香をあげて合唱と一通りのお墓参り作業を行います。1回毎のご利用や年数回の契約などと依頼方法や金額、作業内容などは業者によっても異なります。ご指定日までにお支払いいただく前払い制が基本です。
こちらの記事もご覧ください↓
近年メディアでも話題になっている「お墓参り代行サービス」ってなに?

まとめ

親族間でも依頼の仕方や対応方法によってトラブルになる場合もあります。お墓のことで親族間で揉め事になるのは、ご先祖様も辛い事ですので、慎重に誠意を持ってご相談するようにしましょう。業者に依頼する場合には、お墓参り作業前とお墓参り作業完了後でビフォーアフター(before after)の写真を送ってもらうなど、作業結果の確認をするようにしましょう。どちらにしても、任せきりにならないよう、年に1度でもご自身でお墓参りに行けるようにしていただければと思います。
こちらの記事もご覧ください↓
お墓参りの時に合わせてやっておきたい2つの事
法律改正!?定期的にお墓参りに行かないとお墓が消えてしまうかも・・
「秋分の日」は「お墓参りの日」になっているのをご存知ですか?
さぁ!お墓参りにいこう!時期や時間に決まりがあるの?

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
勝田至

勝田至

製造業、接客業、運送業と色々経験して
たどり着いた石材店に早や10数年。
4年間の工事部での経験を生かし、お客様の想いを形にするべく日々墓石CADと格闘しながら、提案して形にした数は、2000基以上。
プライベートでは、3人の子供たちに癒されながら、趣味のフットサルやゴルフ、友人や同僚とお酒を飲むことが楽しみ。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket