ブログメンバー紹介!防人から墓守へ!

大澤紹介
こんにちは!牧之原石材、工事部の大澤です!今回のブログは前回までのお墓に関わる記事とは嗜好を変えて、私自身の自己紹介の回とさせていただきます。普段、各現場で作業をしており、なかなか直接お客様と接する機会が無いので、この記事を通して私自身の事や、お墓を建てる仕事やお墓その物について、興味を持っていただければ幸いです。
目次
  • プロフィール
  • 職歴
  • 工事部の一員としてこんな事をしています!
  • 今年の目標!

プロフィール

まず最初に私のプロフィールです。私は現在、静岡県御前崎市の実家に住んでいます。実家が漁師を営んでいるので、海から徒歩5分の潮風の心地よい場所で、釣りや、夏場は海水浴等行こうと思えば車で10分かからない場所に住んでいます。年齢は24歳です。趣味としては、様々な物に手を付けていますが、バイクや料理、楽器が趣味で、最近では一眼レフカメラを購入したので、休日のツーリングの際に持ち歩き、写真を撮っています。また、この年末に、「カホン」という楽器を購入したので、暇を見つけては練習しています。これで楽器は現在12種類の物が集まりました。すべてまだまだ初心者レベルですが、飽きることなく何とか続けています。

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

ばいく

職歴

それでは次に私の職歴をご紹介します。私は高校卒業後まず最初に、実家で漁師をし、主に金目鯛漁を行っていて、時期が来ると、鰹や伊勢海老などの漁に出ていました。しかし漁師自体は約1年程で次の仕事に就くことになりました。それが陸上自衛隊です。きっかけは、新潟中越地震の際のテレビ中継で、自衛官の方々が、被災者の方々に炊き出しを行っている姿が印象に残り、元々料理を人に提供して食べて貰うことが好きだった私は自衛隊の試験を受けました。その後合格した私は、静岡県御殿場市にある駐屯地に配属され、戦うため、守るために必要な体力、精神力、知識を得ることができました。また同期がたくさんできたことで、仲間との絆の大切さも学ぶことができました。さらに、楽器にはまったきっかけであるラッパとも出会うこともでき、貴重な時間を過ごす事が出来ました。そして膝の故障もあり、私の自衛官生活は4年で幕を閉じ、去年の8月に牧之原石材に入社しました。入社のきっかけは、今まで守ってきた物の1つである人の想いを、形にでき、それが引きつがれていく事にとても魅力を感じた事がきっかけです。

工事部の一員としてこんな仕事をしています!

次に、普段私が工事部の一員としてどんな仕事をしているのかご紹介します。工事部は実際に各お寺や霊園等現場に行き、お客様のお墓を建てる事が主体ですが、ただ、お墓を建てることばかりではなく、他にも、発注され会社の工場に届いたお墓の石材の検品や加工、お墓を建てる場所の基礎や通路を施工したり、お墓の解体や移設、お客様の墓石、又は戒名板(墓誌)への字彫等様々な事をしています。他にも現在進行形で、お寺の敷石の施工も行っています。

00000458

今年の目標!

最後に今年の目標を掲げて終わりにしたいと思います。去年の8月に入社して、すでに4ヶ月が過ぎましたがまだまだ勉強の日々で、様々な事を学んでいかなければいけません、今までも分からない事は質問し、なるべく解決できるよう心掛けてきましたが、今年はそこから、少しランクアップさせて、「自分の意見を持たせた質問、発言をする」を目標に掲げて今年1年を過ごしていきます!

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
マキセキオフィシャル

マキセキオフィシャル

静岡県全域でお墓の建立と霊園運営しているお墓のプロ、牧之原石材です。お墓のプロが送るお墓や霊園、葬儀マナーなど意外と知られていないお墓の情報を発信しています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket