「永代使用」と「永代供養」は同じ意味なの?

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

こんにちは、牧之原石材の勝田です。小学生の息子の陸上練習に同行して一緒に走っていますが、年甲斐もなく小学生の子供たちと張り合ってしまいます。無理をすると怪我をしてしまうので気を付けてはいるのですが、ついついムキになってしまいます。ただ、頑張って走る父親の姿を見て、子供も頑張ろうと思ってくれているようなので、怪我をしない程度に継続したいと思います。さて今回は、お客様からお問い合わせがありました「永代使用」と「永代供養」の違いについてご紹介します。文字で書くと何となく違うような感じを受けますが、言葉にすると同じ意味のようにも感じられるのではないでしょうか?実際にはどんな意味合いなのか確認してみましょう。

目次

  • 「永代使用」とは
  • 「永代供養」とは
  • まとめ

「永代使用」とは

「永代使用」とは、墓地を永代に渡って使用できる権利の事です。基本的には墓地契約をするときに永代使用料を支払い、権利を取得します。気を付けたいのは、墓地の土地を購入するのではなく、使用権利を取得するという事です。使用しなくなった際には、墓地を更地に戻し墓地管理者へ返還します。墓地や霊園によって、年間管理費の支払いが滞ると権利を失う場合があります。例外として、期限付きで墓地契約をする場合もあります。
「永代使用」についてはこちらの記事もご確認下さい。↓
お墓の永代使用料とは何ですか?

「永代供養」とは

「永代供養」とは、永代供養塔などを管理する寺院や霊園などがご家族に代わって供養する事を指します。永代といっても未来にわたり永遠にという意味ではなく、個別に埋葬している場合には、33回忌や50回忌までなど一定の期限を設けていることが多いです。最近では、ご夫婦のみ(お二人)で使用していただける、永代供養付(期限後に永代供養塔の合祀に移す条件)の夫婦墓や樹木葬などがあります。年間管理費が必要な場合など様々なタイプがありますので、しっかりと確認する事が大事です。
「永代供養」についてはこちらの記事もご確認下さい。↓
永代供養でお悩みの方必見!永代供養の種類紹介総集編
※記事内の画像をクリックすると更に詳細記事がご確認いただけます。
夫婦墓についてはこちらの記事もご確認下さい。↓
子供がいないのですが、夫婦だけで入れるお墓ってありますか?
樹木葬についてはこちらの記事もご確認下さい。↓
空の庭苑のお墓を紹介します~樹木葬さくら~
シーサイドメモリアル「樹木葬さくら」区画の大きさは?

まとめ

言葉は似ていますが、「永代使用」はお墓を作る際の区画を使用する権利、「永代供養」はお墓を作らず寺院等で供養していただく供養方法を指す言葉であり、それぞれ意味するものが異なります。どちらもご遺骨を供養する際にはとても大切な事ですので、意味をしっかりと理解してご自身の生活スタイルに合わせた供養方法を選択していただきたいと思います。
こちらの記事もご確認下さい。↓
永代供養を検討されている方へ、もう一度お墓のことを考えましょう
子供のいない人の永代供養墓は誰が管理してくれるの?

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
勝田至

勝田至

製造業、接客業、運送業と色々経験して
たどり着いた石材店に早や10数年。
4年間の工事部での経験を生かし、お客様の想いを形にするべく日々墓石CADと格闘しながら、提案して形にした数は、2000基以上。
プライベートでは、3人の子供たちに癒されながら、趣味のフットサルやゴルフ、友人や同僚とお酒を飲むことが楽しみ。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket