遠くてお墓参りが大変!供養がムリ!永代供養のお墓という選択

永代供養

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

こんにちは「お墓が遠くなかなかお墓参りにいけない、供養がムリ!」なんてことはございませんか?お墓が遠くにあるとなかなかお墓参りに行けなくなり、墓石のお手入れもできなくなり、やがてはお墓が荒廃、後を継ぐ方がいなくなれば無縁仏、なんてことになりかねません。本当にお参りに行けなくなる前に是非考えて頂きたいのが、永代供養のお墓という選択肢です。

永代供養という選択

お墓が遠くてなかなかお墓参りに行けない。後継者がおらず面倒を見てくれる人がいないなど十分に供養が出来ない方のために永代供養をしてくれる寺院、あるいは永代供養墓を持っている寺院があります。そもそも永代供養とは、お墓参りをしてくれる人がいない、またはお墓参りに行けない方に代わって、寺院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法です。

永代供養

永代供養のメリット

・なかなかお墓参りへ来れない方に代わって、寺院や霊園が供養を行ってくれるので、「無縁仏」になることなく安心できます。

・お墓を建てることがないので一般的なお墓よりも費用負担が軽くなります。

・宗派や宗旨が問われないため、誰でも利用することが可能です。(寺院によっては宗旨宗派が限定される場合があります)

永代供養のデメリット

・永代供養墓は基本的に改葬ができません。(ただし納骨スペースが個別に分けられているお墓は改葬ができる場合もあります。)
多くの寺院では単独墓の場合供養期間を設けていますので供養期間を過ぎて合祀されてしまうと、改葬ができません。

まずお寺に聞いてみましょう。

すでに檀家になられている方もいると思います。
永代供養があるか聞いてみましょう。永代供養があるかどうかは現在お墓をお持ちの寺院に聞いてみてくださいね。またどのように供養して頂けるのかもお聞きしてみて下さい。寺院によって供養の方法も異なり費用も異なります。今後を見据えじっくりお話を伺うのも、今後の寺院とのお付き合いの上で良い機会になりますよ。

まとめ

どんなに遠くても供養を続けたいという思いは変わりないですよね。
ただ今後は供養が出来ないなど、時代と共に様々な事情が発生します。現在お墓をお持ちの方の場合は、今後の事も考え改葬が必要になる場合もありますが、まずはどのような供養をしたいのかを寺院とお話をしてみてください。これからお墓を購入される方は、今後も踏まえ色々な霊園を見られご家族にスタイルに合った寺院墓地や霊園を探してみてはいかがでしょうか。

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
美穂藁科

美穂藁科

印刷会社をはしごした後、デザイン事務所、某家電メーカー、都市計画コンサルト会社といろいろな会社を経て縁あってたどりついた先が牧之原石材でした。お客様対応など今まで経験した事のない仕事に日々奮闘中しながら、人生経験値をアップ中です!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket