お墓を購入すると「消費税」は掛かりますか?|墓石と税金について

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

こんにちは!お墓に関する税金について多くのご質問を頂きます。終活の一環として、お墓や供養の事を考えた時、生前にお墓をご用意するにあたり2019年10月には増税が予定されている中、消費税や相続税など税金に関する知識として今回はお話しして参ります。

お墓づくりにかかる費用と税金

お墓を新規で建立する場合には、墓地代と墓石工事費が必要になります。墓地を求める際にかかる費用が「永代使用料」です。永代使用料は永代に渡ってその墓所を使用する権利の代金です。(墓地をお持ちの場合には、墓石工事費のみ必要となります。)寺院の墓地を求める場合には、檀家になる必要があるため、入檀料が必要となるのが一般的です。また、管理料は墓地や霊園の維持・管理をしていくために必要な費用です。
お墓づくりに必要な費用とは?→お墓にかかる費用~まとめ編~
静岡でお墓を建てる→静岡のお墓の値段:お墓を建てる時にかかる費用~まとめ~

お墓建立に際する課税対象(まとめ)

永代使用料・・・非課税
墓石代金(工事費含む)・・・課税対象
墓地管理料 ・・・課税対象

お墓の相続と税金

 

お墓を相続する場合には「祭祀財産」といい、相続税は掛かりません。しかし、お墓を建てるための費用を現金で残した場合は、相続税の対象となるようです。近年「終活」ということで、葬儀・お墓・相続などの準備をされる方が増えています。お墓に関しても、生前に用意することで、ご自身の希望を取り入れられたり、また子供や家族の方に負担を掛けない方法としてご選択される方が多くなっているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。2019年10月の消費税増税ので、一番大きな費用として関わってくるのが墓石工事代金かもしれませんね。事前にご準備として検討されている方、また終活として考えられている方、この機会に一度ご見学やご検討されるのもよいかもしれませんね。また増税前は駆け込み需要などで、間に合わなくなることもあるので早めにご検討されるとよいでしょう。

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
福島真弓

福島真弓

アドバイザー部株式会社牧之原石材
牧之原石材のお客様担当係。
お客様の思いに寄り添い、墓所の案内やアドバイスをしている。
明るい笑顔に癒されるお客さまも徐々に増えてきているとか?!
二児の母、骨盤体操講師でもあり、健康・子育て・石材と、日々成長中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket