焼津市の霊苑担当者が解説する「生前に樹木葬を予約するメリット」

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

こんにちは。【やいづさくら浄苑】の村松です。先日も、メディアの終活番組の中でもフォーカスされ今後も人気も高まる「樹木葬」ですが、今回は、「生前に樹木葬を予約するメリット」についてご紹介してみます。

改めて「樹木葬の特性」

・樹木をシンボルとした 自然あふれる明るいお墓

・後継ぎを必要としない永代供養の機能を備えたお墓

・経済的にも費用を抑えたお墓

などなどが特徴、魅力とされております。それでは、この人気の樹木葬、いつ準備すのがよいか?次の章で解説します。

 

生前に樹木葬を予約するメリット

<樹木葬 供給不足になる前に確保できる>
そもそも、現代の墓地の立地に関しては厳しい法律上の制限がございます。墓地の経営主体は、「将来にわたって安定した運営を続けられられる地方公共団体をはじめとして、宗教法人、公益法人が適格である」としています。民間の会社が流行りの樹木葬霊苑を開発しようとしても、このような適格性を有しないと立地できないのです。他にも、都道府県知事の許可や近隣に住む方たちへの説明会なども必要で、樹木葬霊苑の開発にはおおきなハードルがあるのです。その為、今後も樹木葬霊苑の劇的な増加は難しいと云われております。つまり、生前中の早い段階からお墓を確保しておくことは、非常に大事なポイントです。ましてや、故人となってからご家族に希望だった樹木葬を探してもらう事になった場合、地域によっては完売していたケースもありご家族の心労も心配されます。墓所確保は終活においても大きな安心感につながるメリットがあるのです。

 

<自身の最適な区画樹木葬を選べる>
上記でお伝えしたとおり、樹木葬自体が供給過小の為、その中でもご自身に合った大きさ、形の樹木葬墓所は、「早い者勝ち」的になっております。当苑でも、来苑される方の多くがご夫婦単位の樹木葬墓所を探されているので、そちらの予約スピードは、予想を上回っております。つまりこちらも、早く動かれることが、満足のいく供養場所の確保となるメリットがあります。

 

<相続税がかからない>
相続税法と云う法律があります。この法律の中では、「お墓や仏壇を承継した場合は、相続税の対象とはなりません。」つまり樹木葬を生前予約することは、相続税対策のメリットの恩恵があるのです。逆に ご自身の死後、ご遺族の方が樹木葬の墓地を契約し、相続財産から墓地の費用を支払った場合、この費用を含んだ相続財産について相続税がかかると云うことです。

 

<お子様への負担を減らせる>
お墓の選定をしないまま、もしご自分の身に万一のことがあった場合、残された、配偶者、お子様が上記の労力、経済的負担が大きくなってしまう場合があります。その様なケースでは、ご家族の心労負担も増大致します。自身で眠る場所を決めておくとことは、ご家族への負担のかからない大きなメリットなんです。実は当苑にみえるお客さまからも多く聴かれるご意見です。

 

<生前に自身の死後のこと、ご家族の将来について話し合える>
生前に墓所、樹木葬を探訪し決めて行く中で、ご家族それぞれの死後の将来について話すタイミングが生まれます。これは、非常に大切で、日頃、話せそうで話しにくい ご家族同士の死後のテーマを話し合うことで、あの世へ逝っても、それぞれが満足いく供養が創造し合える大切なひと時と思います。

 

デメリット?

メリットがあれば、デメリットもあります。最後に少しこちらにも触れてみます。インターネットなどでは、樹木葬も、従来型の墓地・霊園と同様に、生前中から年間単位の年間管理料を支払う事をデメリットとして考えている記事があります。当苑でも【有期限】とした使い方の場合このような年間管理料を収めてご利用いただくタイプです。こちらは、主には、お子様が地元を離れご両親が「将来、お子様の地域のお墓へ引っ越しを想定されている方」(永代ではない為)に撚り良く使って頂いております。また当苑では年間単位での管理料を有しないご利用方法も準備しております。当苑をご利用される9割以上の方は、こちらの 将来 お子様に費用を継承させない「一括管理料」の【無期限】タイプで選ばれております。つまり、引っ越し想定の方には、永代ではない年間管理料での支払いタイプの方が経済的なメリットになっておりデメリットと考える向きを払拭しております。また、ご利用には自由度を持たせ「一括管理料」での使い方も選んで頂けます。

 

まとめ

いかがでしたか。「生前に樹木葬を予約するメリット」についてご紹介しましたが、最後には、デメリットとして一部指摘されたものもありましたが、そこの樹木葬の特性によっては、メリットになっているケースもありました。ご紹介したようにたくさんのメリットがありますので、ご家族とご相談され、準備される時期をお決め頂くことがよろしい思います。最後に、ご見学、説明を聞きに出掛けてみてください。樹木葬霊苑はその自然環境の美しさやガーデニング和やかさにたくさんの方が魅了されております。

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
村松寛史

村松寛史

自身のライフバランスを見直し、二十数年間、勤めてきました会社を離れ
全く未知の石材業界に飛び込んで参りました。代表をはじめ、まわりのスタッフに日々助けられ、一歩、一歩前進させて頂いている毎日です。
プライベートでは、子供替わりの犬、猫、プラス 妻と 家の中をかけずり廻って遊ぶことが日課となっております。人生の最後の場所を 一期一会のご縁になりますよう、より良いご提案をさせて参ります。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket