静岡 樹木 葬|ガーデニング ランキング(やいづさくら浄苑で人気の区画ランキングとそれぞれの特徴)Vol 1

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

みなさん こんにちは。「やいづさくら浄苑 」 村松です。 暖冬と云われている今年も、12月に入り、グッと気温が下がって参りました。私も先日インフルエンザの予防接種を受けて、今年も 体調管理に気を配って冬に突入します。当苑も植栽の植え替えも済ませ、一足早く 冬の準備を済ませております。

 

師走を迎え、ことしも、たくさんの方にご来苑、ご利用いただき誠に有難うございました。今回は、当苑において今年人気を頂いた区画を調査分析してみました。

2019年度 やいづさくら浄苑 区画別 人気ランキング

「やいづさくら浄苑」は今年 春より2種類の区画が新しく誕生して「6種類の区画」をご用意しておりました。勝手ながら「2019年度 やいづさくら浄苑 区画別 ご利用シェア ランキング」を発表致します。

第6位は・・・

シェア率 8.7% 【さくら葬 大区画】でした。こちらの区画は、当苑の中において一番大きく立派で 高額な区画です。
今年も、世代でのご利用を想定されるご家族を中心に選んで頂けた区画です。
一般的に「樹木葬」と呼ばれる墓所のご想定人数は 1~2名が多いことから
一般的な骨壺が 4つ収納できる大型のカロートを備える区画は まだまだ特別なモノのようです。
個人的には、大型のカロートも去ることながら、特徴的な大型墓石プレートがお勧めです。こちらの大型墓石プレートには、みなさまの思いのこもったデザイン画を彫刻していただきます。完成された墓所には、来苑される多くのお客様が立ち止まってご覧になる区画のひとつでもありました。

また、大型区画の特徴として、納骨方法を「晒し袋」等にしていただければ、「墓じまい」などの たくさんのご先祖様の改葬先としてもご利用できます。
今後のお墓事情に関しては、「墓じまい・改葬」が 叫ばれ 一般化しております。
ご先祖の永代供養先として、一般的な合同合祀墓ではなく、さくらの木の下に 個別墓としてご準備できる非常に魅力の高いと区画として お勧めさせております。
但し、限定20基の【さくら葬 大区画】  残り数が 「2つ」となっており、ご興味ある方は、お早めにお問い合わせください。

 

第4位は同率で・・・

シェア率 10.7% 【ガーデニング葬 大区画】と【さくら葬 そら区画】でした。
まず【ガーデニング葬 大区画】に関しては、前出の「さくら葬 大区画」と同等の大きさ(若干縦寸が短い)の為、同じような特徴と魅力がある区画です。当苑では比較的 たくさん準備された区画の為、自由度を持って場所選びができました。
【さくら葬 そら区画】はことし 3月より分譲販売している墓所です。
「専用縦骨壺」で2霊入れ物を使って収納できる事や 基本価格が お求めし易い価格設定です。また選んで頂く墓石の価格ランクも一律で増額が無いことから 人気を博して頂けました。「さくら葬 小区画」から変更された方もいらっしゃいます。


 

第3位は・・・

シェア率 15.3% 【ガーデニング葬 中区画】でした。
こちらも、ことし 3月より登場した墓所ですが、ご案内当初より 反響を頂いて 「第一期分譲」扱いは 2ヶ月で完売してしまいました。続けて6月末より「第二期分譲」扱いも10月には、予約制限になる勢いの盛況ぶりでした。「中型墓所」の中では価格は最上級になりますが、大きな人気の理由がありました。それは、【ガーデニング葬 中区画】の佇まいのようです・・・。具体的には、広めの区画に余裕をもって 土台石、墓石プレートで構成されており、となりとの空間を設けていることが人気ポイントのようでした。また、基本は2つの骨壺埋葬ですが、将来のお子様達の追加契約の際は、「専用縦骨壺」で2霊、パウダー化による埋葬でしたら、6霊以上も対応できます。つまり、当座の計画、 予測がはっきりしない想定について 対応ができる墓所の為、お選びし易いようでした。

 

まとめ

今回のランキングは、これまでとします。第1位、2位の発表、分析は次回の投稿でご紹介差し上げます。

最後に各区画ごとのご契約人数を調べてみました。つまり、当座ご利用される人数です。【さくら葬 小区画】の1.52人 から【ガーデニング葬 大区画】の2.47人でした。全区画平均 は 2.1人です。「やいづさくら浄苑」においては、お墓においても、「核家族化」が現れておりました。ちなみに前出でもご紹介したように、当苑の埋葬プランは、将来の追加契約・埋葬が可能となっております。詳しくは当社 霊苑スタッフにお問い合わせくださいませ。

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
村松寛史

村松寛史

自身のライフバランスを見直し、二十数年間、勤めてきました会社を離れ
全く未知の石材業界に飛び込んで参りました。代表をはじめ、まわりのスタッフに日々助けられ、一歩、一歩前進させて頂いている毎日です。
プライベートでは、子供替わりの犬、猫、プラス 妻と 家の中をかけずり廻って遊ぶことが日課となっております。人生の最後の場所を 一期一会のご縁になりますよう、より良いご提案をさせて参ります。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket