静岡 樹木葬|ガーデニング ランキング(やいづさくら浄苑で人気の区画ランキングとそれぞれの特徴)Vol 2

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

みなさん こんにちは。「やいづさくら浄苑 」 村松です。 新年を迎え、本年は、オリンピックイヤーです。チケットは捕れませんでしたが、テレビ観戦で大いに盛り上がりたいと思っております。

さて、昨年末に投稿させて頂いた 「2019年度 やいづさくら浄苑 区画別 ご利用シェア ランキング」の続きが師走の繁忙にかまけて 投稿できておりませんでした。今回も、またまた勝手ながら 年を跨いで、第2位、そして第1位の発表させてください。

 

まずは、前回のおさらい・・・

当苑では「6種類の区画」をご案内しております。その中から・・・
第6位は・・・【さくら葬 大区画】、第4位は同率で・・・【ガーデニング葬 大区画】と【さくら葬 そら区画】でした。そして、第3位は・・・【ガーデニング葬 中区画】・・・ と、ここまでお伝えしておりました。

前回の発表の分析としては、現代社会においては、核家族化の影響を受け、ひと昔 前のように 「子孫に継いでいく大型のお墓」の有り様が減少しているようです。特に樹木葬墓でもある当苑では、「ひと家族」もしくは、「ご夫婦」単位でお墓を選ばれている結果が顕著に現れており、大型区画は下位でのランクとなりました。ただ、当苑は全区画「永代供養付き」の為、最近では「墓じまい、改葬を 樹木葬に・・・」と云うご相談とニーズが着実にが増えてきておりますので、今年以降の動向も注目されるところです。

 

「2019年度 やいづさくら浄苑 区画別 ご利用シェア ランキング」後編

それでは、改めて「2019年度 やいづさくら浄苑 区画別 ご利用シェア ランキング」第2位、そして第1位発表致します。

第2位は・・・

シェア率 25.2% 【さくら葬 小区画】でした。
こちらの区画は、当苑の中では最大数 140期の分譲の区画であります。全方位にたくさんの方々に選んで頂けるお墓もたくさん用意しております。特徴的なのは、コンパクトな事です。小さいですが、十分機能を果たすお墓です。一見すると個人専用とも思える大きさですが、「散骨埋葬」でも一般化されております「パウダー化」しての納骨スタイルですと、4名までご利用可能な為、事実、ご夫婦やご家族でのご利用も多く頂いております。小さくても、ちゃんと、30種類以上の石種から石を選んで頂き、お客様の気持ちのこもった彫刻を施します。第2位にランクされたのは、手ごろな価格で十分な機能を果たしていることの評価なのかもしれません。

DSC_0009
DSC_0030

そして第1位は・・・

シェア率 29.4% 【さくら葬 中区画】でした。
当初からもお伝えしているとおり、当苑は、「ひと家族」もしくは、「ご夫婦」単位でご検討されるお客様が多いことから【さくら葬 中区画】が注目を受けるお墓になっておりました。特徴でもある 通常の骨壺が そのまま 2つ埋葬でき、追加埋葬においても、4霊までは「専用縦骨壺」で対応できることが安心して選ばれるポイントのようです。また、お墓としての容姿も 墓石プレートの大きさと丸みをおった表情が、温かみを生んでいるとのお声も頂いいております。実は、この【さくら葬 中区画】は 昨年 10月初旬には 完売してしまっていた為、販売できるものが残っていたら、もっと高いシェア率を上げていたと思われます。まさしく、「やいづさくら浄苑のエース」です。

DSC_0036

まとめ

年を跨いでのランキング発表、お付き合い頂きまして有難うございました。地域性もあるのかもしれませんが、樹木葬に対する、みなさまの傾向の一端が分析できたのではないかと思います。これからも、樹木葬への関心が高まってくることを期待してよりよい霊苑管理を進めて参ります。
最後に今月1月より完売していた 【さくら葬 中区画 48基】と【ガーデニング葬 中区画 26基】の新設工事が始まります。2月には完成された それぞれの区画をご覧頂けると思います。尚、優先予約を承っております。詳しくは当社 霊苑スタッフにお問い合わせくださいませ。

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
村松寛史

村松寛史

自身のライフバランスを見直し、二十数年間、勤めてきました会社を離れ
全く未知の石材業界に飛び込んで参りました。代表をはじめ、まわりのスタッフに日々助けられ、一歩、一歩前進させて頂いている毎日です。
プライベートでは、子供替わりの犬、猫、プラス 妻と 家の中をかけずり廻って遊ぶことが日課となっております。人生の最後の場所を 一期一会のご縁になりますよう、より良いご提案をさせて参ります。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket