静岡県 樹木葬|やいづさくら浄苑で人気の墓石に彫る文字彫刻種類とは?

 

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

みなさん こんにちは。「やいづさくら浄苑 」 村松です。「新型コロナウイルス」が猛威を振るい、各方面で心配されております。当苑でも、引き続き公衆衛生対策をおこない運営をおこなっております。

さて、今回は、当苑の「アピール ポイント」でもあります、墓石の彫刻についての投稿となりますが、その中でも「文字彫刻方法」にフォーカスしてご紹介したいと思います。

樹木葬 墓石について

では、はじめに、「やいづさくら浄苑」の樹木墓墓石についてのご紹介です。
当苑では、ご利用者様に 1基ごと、30種類を越える石種の中から墓石を選んで頂き、文字や絵柄をデザイン構成して彫刻を施しております。まさに、思いのこもったオンリーワンの「標」となる墓石を作って頂きます。文字、絵柄については、決まったテンプレートなどで制限はしていないので、フリースタイルで考えて頂いております。当然ながら、我々スタッフが完成までのサポートを万全におこなって参ります。ご要望頂いた文字や絵柄をデザイン構成して 彫刻用原稿に纏めると、次は彫刻方法を選んで頂きます。花や山、など文字以外の彫刻は 多くは、「影彫り」と云う彫刻方法で表現致します。いずれの機会にまたご紹介したいと思いますが、特徴としては一つ一つノミで丁寧に点刻をつけ絵を彫りだす工法です。濃淡も出せるのでプリント写真の画像も印刷されたように表現できてしまいます。

前フリが長かったですが、本題の「文字彫刻の種類」と人気ランキング を調査してみましたので ご紹介致します。ちなみに 文字彫刻の種類は、3種類となっております。

 

「やいづさくら浄苑」人気の文字彫刻種類ランキングは?

第3位 平彫り彫刻

平彫り彫刻は、浅く彫った文字の淵の周りを彫っていく彫刻です。文字をはっきりさせたい表現には最適です。だた、文字の書体が楷書体しか選べない欠点があります。文字の「かすれ表現」が難しいことでもあります。完成墓石全体の中では 8.5%ほどでした。

 

第2位 敷石彫刻

敷石彫刻は、樹木葬墓石に合った要素を持つ彫刻として当苑でも多くの墓石に彫られている彫刻です。1mm程度の深さで彫っていく彫刻方法でどんな書体でも また、文字の大きさに関してもほとんど対応できる利点があります。「水鉢彫り」 や 次にご紹介する「平彫り彫刻」は、文字の深さをある程度必要とする為、複雑な書体や小さな文字は、限界が生じてしまいます。「敷石彫刻」はこのような心配が特性上 無いのです。つまり絵柄デザインの高い自由度を求められる樹木葬墓石の彫刻にはとても重宝する彫刻なのです。また、側面に彫刻する一般墓地の石塔とちがい、樹木葬墓石は上を向いた面に彫刻を施すので 「浅い彫り」の為、雨水が溜まらないことも樹木葬墓石向きと云えます。最後に完成容姿ですが、花や山などの絵を取り入れるデザインが多い墓石の為、彫刻の深さ、柔らかな感じがバランスよくマッチングした墓石が完成できます。こちらは、完成墓石全体の中では 32.8%ほどでした。

 

第1位 水鉢彫り

従来のお墓によくみられる彫刻方法で深く彫られていることが特徴です。彫刻の深さを変えることで文字自体に強弱をつけ躍動感を表すこともできます。お墓としての威厳もあり、安定感を感じられることから、霊園墓石においても、開園当初から人気彫刻です。堂々の第1位は、完成墓石全体の中では 58.7%でした。

 

 まとめ

いかがでしたか。今回は当苑の「アピール ポイント」でもある 墓石の彫刻について一部ご紹介してみました。文字彫刻種類のシェアを調べていく中で、幾つかの傾向も確認できました。「大型の墓石は 水鉢彫り が好まれている」「ガーデニング葬 中区画は 圧倒的に敷石彫り派が多い」など、また最近では、雨水が溜まらない 敷石彫りが増加傾向であることも調べていく中でわかりました。このように、当苑の樹木葬墓地は、彫刻を含め、多種多様な 文字や絵柄をデザイン構成した墓石がたくさん建立されております。

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
村松寛史

村松寛史

自身のライフバランスを見直し、二十数年間、勤めてきました会社を離れ
全く未知の石材業界に飛び込んで参りました。代表をはじめ、まわりのスタッフに日々助けられ、一歩、一歩前進させて頂いている毎日です。
プライベートでは、子供替わりの犬、猫、プラス 妻と 家の中をかけずり廻って遊ぶことが日課となっております。人生の最後の場所を 一期一会のご縁になりますよう、より良いご提案をさせて参ります。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket