メディア掲載記事紹介!疫病・厄災守アマビエの石像完成が新聞に掲載されました!

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

先日2020年6月3日「アマビエ石像完成」が、中日新聞社様からの取材して頂いた記事が新聞に掲載されました。

実際の掲載記事

中日新聞(静岡県版)の2020年6月3日の記事に掲載されました。

中日新聞(静岡版)

掲載記事の内容

早く平穏な生活に アマビエの石像 鎮めて

新型コロナウイルス感染症の早期収束を願い、牧之原市の石工品製造業「牧之原石材」が、疫病を鎮めるとされる妖怪「アマビエ」をモチーフにした石像を製作し、発売した。
高さ約十五センチ、幅約十三センチの砂岩製。ひし形をした目など、史料に残るアマビエの姿に忠実に、かわいらしさを感じさせるデザインに仕上げた。手持ち式の研磨盤で削り出して作るため、一体ごとに少しずつ、形や表情が異なるという。 同社の影山真里取締役は「早くコロナ禍が収束し、人の心と生活に平穏が戻ってほしいという願いを込めた」と話している。
税込み五千五百円。(問)牧之原石材=(0120)148548【酒井健】
http://中日新聞しずおかWeb 記事へはこちらから

心まで負けない!新しい守り石像として飾ってほしいと思いを込めて。牧之原石材

新型コロナウイルスの感染拡大の中、特にマスク不足で大変だった3月~4月の間私たちでも何かできることはないかと、まずは中国工場スタッフの協力を得てお世話になっている近隣の幼稚園や小学校、児童クラブ、既存のお客様に微力ながら約4500枚寄付をさせて頂きとても喜んで頂けました。ただ、新型コロナウイルスとこれから共存していかなければならない時代となる中で、私たち石材店だからこそ何かできることはないだろうかと考えて、厄災から世の中、ご家庭を守って頂きたい、日常に平穏が戻りますようにと願いを込めてこの度、アマビエ様の石像が完成いたしました。
今までは、ふくろうやカエルの置物を玄関先に飾られる方が、多くいらっしゃいましたがアマビエ様にも皆様を御守り頂けますように、アマビエ様の石像も飾ってもらえたら幸いです。
このアマビエ様の石像を多くの方に知って頂き、店舗やご家庭にたくさん置いて頂けたら、コロナウイルスの感染はもちろん恐怖ですが、人として心まで病んでしまわないように、お互いに思いやりの心を持って生活できますようにとの想いもこめております。


アマビエ石像 高さ15cm 5,500円(税込) 石種:インド産砂岩

ご購入・詳細などのお問い合わせはこちら→ 0120-148-677

牧之原石材では、大切なご家族の想いを受け取り「想い」を伝えます。スタッフ1人1人が意識を高めお客様と向き合うよう日々心掛け、納得して頂ける供養の形をアドバイス&サポートさせていただいております。お気軽にお問い合わせください。

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
福島真弓

福島真弓

アドバイザー部株式会社牧之原石材
牧之原石材のお客様担当係。
お客様の思いに寄り添い、墓所の案内やアドバイスをしている。
明るい笑顔に癒されるお客さまも徐々に増えてきているとか?!
二児の母、骨盤体操講師でもあり、健康・子育て・石材と、日々成長中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket