お墓の地盤を強くし大地震にも強い墓石の基礎工事とは?|静岡県 自然災害

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

こんにちは!今回は以前ブログでもご紹介した「皆さんは効果的なお墓の地震対策ってご存知ですか?」の中で「D-BOX」というお墓の基礎を工事する際の、通常の基礎工事の方法とは違った工法をご紹介しましたが、今回はその「D-BOX」についてより詳しく深いところまでご紹介いたします。

以前ご紹介させて頂いた「D-BOX」の記事はこちら↓
皆さんは効果的なお墓の地震対策ってご存知ですか?

2016年2月21日に公開した記事ですが、内容加筆、修正し2021年5月9日に改めて公開しています。

お墓の基礎工事おさらい

それでは最初にこれまでご紹介させて頂いたお墓の基礎について簡単にお伝えし、D-BOXについてご紹介します。これまでにお伝えしたお墓の基礎の施工方法には種類があります。一つが通常のお墓の基礎で、重いお墓が上に乗る基礎になります。但しそのまま地面と言うわけではなく、こぶし大の石と砕石を敷き詰め十分に圧を掛け、配合の決まった生コンクリートを流し入れて施工する、強度、耐久度共に十分頑丈なお墓の基礎になります。

Exif_JPEG_PICTURE

通常のお墓の基礎の記事はこちら↓

石材店だからわかる!お墓の構造(基礎編)

また、通常の基礎と異なる方法を実施する場合は、お墓を建てる場所が「軟弱地盤」と呼ばれる地盤の場所になります。このような場所にお墓を建ててしまうと地盤がお墓の重さに耐えられず、時間の経過とともに、お墓の基礎が沈んでしまい、結果としてお墓が沈んだりお墓が傾いてしまったり、最悪の場合お墓が倒れてしまう可能性があるのです。今回ご紹介する基礎はそのような場所に施工する方法で、「コマブロックを使用した基礎」と今回改めて取り上げさせて頂く「D-BOX」です。どちらの基礎も、「軟弱地盤」に対する「地盤改良」が主たる目的として研究、開発された物です。コマブロックを使用した工法の通常の基礎と異なる点は、地面を掘削した後に通常栗石を敷き並べるのですが、栗石の代わりにコマブロックというブロックを敷き、並べる点が通常のお墓の基礎とは異なります。

Exif_JPEG_PICTURE

コマブロックを使用した基礎工事の記事はこちらをご覧ください↓

こんな方法もある!お墓の基礎工事パート③

そしてD‐BOX工法も地面の掘削までは通常のお墓の基礎とは変わりませんが、栗石の代わりにD‐BOXといわれる進化した土嚢を地盤の強度により何層か搬入して行います。

圧

今回は、冒頭でもお伝えした「D‐BOX」を使用したお墓の基礎工事について詳しくお伝えします。

D-BOXについて

「D‐BOX」とは、様々な建築物に対応する為、種類がいくつか分かれており、お墓の基礎工事に使用される物は「D‐BOX-K」と呼ばれております。「D‐BOX‐K」は地盤対策施工技術として、地盤補強、液状化対策の効果を持つ製品として、国際特許(46か国に通用)を取得しています。そして、「D‐BOX‐K」の主な特徴としては、セメント等の固形剤を使用しないので環境にやさしく、D‐BOX‐K自体が完全に水を通す特性があるため、地下環境の変化で起こる影響を受けにくく、地盤補強と振動対策が同時にでき、また大型重機等を使用しないで施工できるのでコストパフォーマンスに優れている等様々なことが挙げられます。「D‐BOX‐K」がなぜそこまで様々な効果を持ち、大きな強度を持つのか、その理由を簡単に説明させていただくと、「D‐BOX‐K」に上から荷重を加えると、袋が扁平し左右に伸ばされるため、袋全体に元へ戻ろうとする張力が発生します。その結果、袋の中の土粒子が内側に押し付けられる事で、土粒子間に摩擦力が生じます。この張力を付加応力として発生した粒子間の摩擦力によって、D・BOX-Kは固くなり、その結果、「D‐BOX‐K」を使用した地盤の強度があがります。

dboxk_img01[1]

そして「D‐BOX‐K」を施工するに当たっては、特別な講習を受け、試験に合格した「D・BOX施工管理検定資格」を持っていなければ施工ができません。その理由として「D‐BOX‐K」の施工は、その区画にあった適切な大きさのD‐BOX‐Kの選択をしなければならず、D‐BOX‐K内に入れる砕石の量が決まっているため、規定量、施工方法がわかっている資格取得者でないとD‐BOX‐kの十分な効力を得ることができないのです。例えば、地盤改良ができなかったりして、お墓に被害がでてしまう事が挙げられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?本日は今までご紹介させていただいたお墓の基礎のおさらいと、「D‐BOX‐K」についてご紹介させていただきました。最後に、補足として「D‐BOX‐k」の施工では、大切なお墓をさらに安心して建てていただけるように、日本興亜損害保険(株)が、「D‐BOX‐K」で施工して建てたお墓の保障をしてもらえるので、最悪の場合も回避できるかと思います。ぜひ大切なお墓を安心して後世に残されるように「D‐BOX‐K」をご検討してみてはいかがでしょうか?

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
磯部美智代

磯部美智代

彫刻・WEB広報担当株式会社牧之原石材
某通販会社にてWEBデザイナーとして通販サイトを作成。
その後、縁あって当社に入社し、主に墓石の文字・絵の彫刻原稿を担当。
お客様の想いを表現し、満足していただけるような提案を日々心がけている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket