親身に対応してくださる店長の人柄に惹かれお願いしようと即決でした|静岡市 墓石

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

こんにちは、牧之原石材です。当社では石材に関する事で様々なお客様とのご縁をいただいております。今回は、当社にてお墓を建てさせていただいた方の「お客様の声」をご紹介致します。

実際にお墓を建てられたお客様の声

今回のお客様は静岡市櫻井様です。

地頭方で生まれ育った父が、インターネットで牧之原という地名に惹かれたのが牧之原石材さんを知るきっかけでした。お店を訪れると親身に対応してくださる店長の人柄にひかれ、こちらでお願いしようと即決でした。展示場のお墓は目移りをする程でしたが、中でも父が一目で”これだ”と決めたタイプでお願いすることにしました。1回忌までにお骨を手元に置きたかった私達ですが、初盆までには納骨を済ませることを決めて急遽半年程前倒しでお願いする事にも快く対応してくださり何度も何度も打ち合わせを重ね、墓石に刻む「偲」という字を父の自筆で、リハビリを兼ねて綴っていた母の日記から口ぐせだった「ありがとう」の言葉を母の実筆で刻んでもらい、庭で咲いていた大好きな花で全体を飾ってもらう事、小さなプレートを対で置き、1つは父の自慢である「鯛の魚拓」、もう一つは「負けたくないもの がんばらなくちゃ がんばるぞ絶対に」という母の言葉を母の字で残す事。全てが手作りで、この世に1つしかないお墓を目の前にした時、家族全員涙があふれて止まりませんでした。父は散歩仲間から「櫻井さん達がどんなにまとまって、いい家族かこの立派なお墓を見ればわかるヨ」と言われたそうです。母が生存していた時は介護に暮れ、亡くなった今は毎日お墓に足を運びきれいな花を絶やさず、きれい好きだった母の血を受け継ぎ今もゴミ1つ無い様にきれいにし、手を合わせて話し掛けることが姉の日課となっています。牧之原石材さんに出会わなければこんなに感動し満足する事ができませんでした。本当にありがとうございました。

お墓のこだわり


櫻井様は彫刻内容にとてもこだわりを持っていました。お庭のお花の画像は選びきれないほど数がありましたので櫻井様の描いているイメージに合うか心配でしたが、打合せを重ねていく内に形となっていきました。石種はインド産御影石YB-6を使用されました。YB-6は彫刻の濃淡がはっきり出るためとてもキレイに表現できます。直筆文字や魚拓もすごく映えて立派なお墓が出来上がりました。満足したという言葉をいただき、彫刻原稿を担当した私もとてもうれしい限りです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した櫻井様のお父様が地頭方出身でこの辺りの石材店をインターネットで検索しご来店されたのがきっかけでした。櫻井様のようにご自宅に咲いているお花や植物等、文字も取り込んで使用する事が可能ですので気になる方はお気軽にお問合せください。またお花の多くは影彫りという方法で、写真でも絵でもそのままの形で彫刻をすることができます。ご見学の際はぜひこだわりのポイントや想いをお聞かせください。お客様に満足していただけるお墓をご提案させていただきます。

お墓を持たずに供養を検討している方へ

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket