お彼岸って何?今更聞けないその意味とは


こんにちは牧之原石材です。さて、古くから故人のご命日・お盆・お彼岸には「お墓参り」をするご家庭が多いかと思います。また月命日にするところや、九州のようにお墓にお花を絶やさない地域もあります。お墓参りに熱心な鹿児島県では生花の売上が全国一!その影響でしょうか、青少年の非行が最も少ない県だそうです。今日はそんなお彼岸についてご説明します。
2016年2月28日に公開した記事ですが、内容加筆、修正し2018年9月7日に改めて公開しています。

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

目次

  • お彼岸っていつ?
  • お彼岸の始まり
  • なぜ「彼岸」というの?
  • まとめ

お彼岸っていつ?

お彼岸は3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間の計7日間。もしくはこの時期に行われる仏事(彼岸会)を指します。 年に2回あるお彼岸では、それぞれの初日を「彼岸の入り」、終わりの日を「彼岸明け」といい春分の日・秋分の日を「お中日」といいます。では、なぜお彼岸にお墓参りをするのでしょうか?インド・ビルマ・スリランカなどの仏教国では、お彼岸にお墓参りをしません。お彼岸は日本だけの特別な習慣です。そこにはどんな理由があるのでしょうか。

お彼岸の始まり

もともと春分・秋分の日は、仏教とは関係ありませんでした。平安京を開いた桓武天皇が、延暦25年(806年)旧暦2月17日(春分の日)に、弟の早良親王(さわらしんのう)の霊を弔うため法要を行った(『日本後記』)のが最初の記録です。それから、浄土宗や真宗で大切な『観無量寿経』というお経には、極楽浄土を想い浮かべる十三の方法が説かれています。その第一は、正座して日没を観る「日想観」です。日本に大きな影響を与えた中国浄土教の開祖「善導」はこれについて、「その日は太陽が、真東に出て真西にしずみ、アミダ仏の国は日没のところ、真西の十万億刹の彼方にある」と書いています。どうもこれが日本の「お彼岸」のルーツらしいのです。平安時代中ごろから、お彼岸は、「なき人をとむらい、極楽浄土を願う日」として、さまざまな階層にまで広まったので、お彼岸にお墓参りをする習慣が生まれたのは、ごく自然のことと言えるかもしれませんね。

higan

なぜ「彼岸」というの?

「彼岸」とは、「彼方にある岸」のことで、向こう岸です。大きな海や川をはさんだこちら側は、「此岸」です。仏教では、二つの岸を、「悟り」と「迷い」の世界、あるいは「極楽浄土」と「娑婆」にたとえます。別の表現をすれば「あの世」と「この世」という方がぴったりかもしれません。また大乗仏教では、苦しみや迷いの世界の此岸から、迷いのない悟りの彼岸へ到達することを「到彼岸」といって修行を意味するそうです。
何気なく過ごしていた「お彼岸」には、こんなにも深い意味があったんですね。

まとめ

自然や季節感を忘れがちな現代人にとって、「お彼岸」は、ご先祖様を想う良い機会かもしれません。お墓参りをしながら心から感謝する日が、日本のお彼岸ではないでしょうか?

彼岸に関する他のブログはこちら
お彼岸が始まります!お彼岸の期間は?いつお参りに行けば良いのか?
秋のお彼岸の意味とお墓参りについて

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
山下 朝世

山下 朝世

広報・お客様係り
印刷会社で広告作成に携わり、その後フォトスタジオでは写真撮影にヘアメイクから画像加工や接客を学ぶ。
牧之原石材の求人を見て花の管理の仕事に惹かれて応募。現在は、今までの経験を生かした部署で広告・DM作成に取り組んでいる。
現在ブログのアイキャッチをはじめ、文章作成に奮闘中。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket