お墓にお骨が入らなくなってしまった場合の解決策!粉骨(パウダー化)とは|静岡県 墓石

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

こんにちは。早速ですが皆様はお墓の納骨室(カロート)の中の様子を見た事はありますか?実は、納骨室がいっぱいで骨壺が入らない状態になっている可能性があります。特に先祖代々から続くお墓に多く見受けられます。今回はそのような場合にどうすればよいのか、お墓の納骨室にお骨が入らない場合の対応方法のひとつ【粉骨(パウダー化)】についてご紹介致します。近年、粉骨(パウダー化)が身近な言葉になってきてはおりますが、まだまだ知られていない事も多いです。が、粉骨(パウダー化)をする事で、供養の幅も広がるのです。
2019年4月19日に公開した記事ですが、内容加筆、修正し2020年1月19日に改めて公開しています。

粉骨(パウダー化)って何のこと?

【粉骨(パウダー化)】とは、お骨をパウダーのように粉末状にすることを言います。お骨を粉骨(パウダー化)する事で、容積は約5分の1になります。又、粉骨(パウダー化)をする前に、殺菌や洗浄をする為、衛生的な状態を保つことができます。散骨では必ずお骨を粉骨(パウダー化)しなければなりませんが、それ以外では手元供養として粉骨(パウダー化)をする方もいらっしゃいます。

作業風景

丁寧に時間をかけた工程でお骨をやさしく粉骨(パウダー化)いたします。
粉骨(パウダー)オフィシャルページ↓
お骨のパウダー化|全国対応可能
散骨について知りたい方はコチラ↓
散骨とは?新しい供養の形にはどんなものがあるの?

納骨の際に粉骨(パウダー化)をする事のメリット


納骨の際に粉骨(パウダー化)を行う最大のメリットは、納骨室の空きスペースの確保ができるという事です。一般的な1霊分のお骨の量と比べ、粉骨(パウダー化)をする事により、納骨室を占める容量が減る為、納骨室に余裕ができるのです。又、先祖代々から続くお墓では、自分達が知っている人のみ骨壺として納骨し、それ以外の方達を粉骨(パウダー化)される方も増えておりますし、粉骨(パウダー)された後、分骨をし手元供養と一緒に供養する方もいらっしゃいます。
粉骨(パウダー)オフィシャルページ↓
お骨のパウダー化|全国対応可能
手元供養について興味がある方はコチラ↓
手元供養とは?~新しい供養の形、どんなものがあるの?~

まとめ

いかがでしたか?以前と比べ、手元供養・永代供養・樹木葬・散骨など、様々な供養方法の選択があり、実際にそういった供養をする方も増えております。現在、「お骨が入らない」とリフォームをお考えの方は一度、粉骨(パウダー化)を検討されるのもいいかもしれません。納骨室の開け方が分からない、石を欠かしてしまうのではと不安で見る事が出来ない方、粉骨(パウダー化)について、もう少し詳しく聞きたいという方は是非、お気軽にご相談をしていただければと思います。又、別途資料をお送りする事も可能ですので遠慮なく仰っていただければと思います。
粉骨(パウダー)オフィシャルページ↓
お骨のパウダー化|全国対応可能
メールでの資料請求・お問い合わせはコチラ↓
問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせはコチラ↓
0120-148-677

フォームはこちら

お名前*
フリガナ*
生年月日
例)昭和40年1月10日
性別
郵便番号*
所在地*
電話番号*
メールアドレス
メールアドレス(確認用)*
故人ご氏名
故人フリガナ
故人性別
申込者様との続柄
送られる骨壺の数量をお知らせください*
備考欄
認証

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
磯部美智代

磯部美智代

彫刻・WEB広報担当株式会社牧之原石材
某通販会社にてWEBデザイナーとして通販サイトを作成。
その後、縁あって当社に入社し、主に墓石の文字・絵の彫刻原稿を担当。
お客様の想いを表現し、満足していただけるような提案を日々心がけている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket