霊園の永代供養にかかる費用|東京と静岡の違い

子供に負担をかけたくない・お墓の跡継ぎがいないなど、様々な理由で永代供養を希望される方も増えてきましたね。今は東京に住んでいるけど実家は他県だから、どちらに永代供養しようか考えているあなたへ…今回東京と静岡の、霊園の永代供養にかかる費用を比較してみたので参考にして頂けたらと思います。
霊園の永代供養って何?という方はコチラをご覧になってから続きをお読みください。↓
 

目次

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し
  • 東京の霊園の永代供養にかかる費用
  • 静岡の霊園の永代供養にかかる費用
  • まとめ

東京の霊園の永代供養にかかる費用

東京の霊園は大まかな目安で永代使用料が10万円から数百万円とされています。永代使用料のみのところもあれば、別で管理料がかかってきます。10万円程度の費用の場合、お骨を土に還すような供養の仕方を取っているところが多く、たくさんご親族のお骨をお持ちの方は負担があまりかからないのでいいかもしれません。ただ、一度土へ還してしまうと取り出すことはできないので、ご家族でよく話しあわれてから決めた方が良いと思います。

静岡の霊園の永代供養にかかる費用

静岡の霊園は安くて10万円以下のところも探せばありますが、だいたい50万円前後とされています。費用に関してはそんな差があるわけではないので、景観や設備などで選ばれる方が多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?費用で東京か地元、どちらにするか決まるわけではないですが、どちらにしようか迷われている方へ判断材料の一つにして頂けたらいいかと思います。霊園の場合、民営霊園と公営霊園があり、宗旨宗派不問の所もあればそうでないところもありますので注意が必要です。永代供養にもさまざまな種類があり、納骨堂がある所では、個別になっているところや他人と一緒に埋葬されるところ(合葬)があり、そのまま土に還す所もあります。期限付きのものや管理料がかかるところもあるので、永代使用料が安いからといって選んでしまうと、管理料が結構かかった・・・などと失敗しない為にも、各霊園へお問合せをし、どんなタイプが一番ベストなのかをご家族でゆっくり話し合ってみて下さい。

今回霊園の永代供養にかかる費用をお伝えさせて頂きましたが、永代供養にはお寺の永代供養もありますのでこちらの記事もぜひ読んでみて下さい。↓

総合2

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
マキセキオフィシャル

マキセキオフィシャル

静岡県全域でお墓の建立と霊園運営しているお墓のプロ、牧之原石材です。お墓のプロが送るお墓や霊園、葬儀マナーなど意外と知られていないお墓の情報を発信しています。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket