お墓を建てる前に参考にしたい!マキセキでよく選ばれる白御影石を紹介します。

160928泉原「お墓を建てる前に参考にしたい、マキセキでよく選ばれる白御影石を紹介します。」

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

だんだん秋も深まりつつある今日このごろ、先日 無事に誕生日を迎えた泉原です。知っていましたか?静岡県の中部地方でよく選ばれる墓石が白御影石なんです。今日は、わたし達『牧之原石材』で良く使用される、白御影石についてのお話しです。

目次

  • お墓でよく選ばれる白御影石ベスト3
  • まとめ

・第一位 G623

原産国:中国
吸水率:0.186%

G623は、「ジー・ロク・ニー・サン」と読みます。原産国は中国福建省です。日本国内で使用される中国産の墓石としては、最も有名で、多くのお墓に使用されている石です。わたし達、牧之原石材でも一番多く使用しています。とくに、外柵材(土台等)として、全国の墓石に使われており、「外柵といえばG623」と言われるほどです。中国産石材が日本に輸入され始めた当初から使用され、とくに大きな欠点も無く、長尺も取れる石材です。
写真 2016-05-30 14 22 10

・第二位 G688

原産国:中国
吸水率:0.169%
G688は、「ジー・ロク・ハチ・ハチ」と読みます。 白と黒のバランスが、とてもきれいな石材です。その灰色は、ただ「お墓らしい色目」というだけでなく、白黒のバランスが、色彩としてとても美しく映えています。その石目は安定しており、天然キズや玉が少ないと言われています。近年は墓石本体にも使用されるようになってきましたが、彫刻などが目立ちにくいこともあり、外柵材で使われることが多いようです。輸入量も年々増加しているそうです。牧之原石材ではよく、黒色の石材とツートンで使用しています。G688は遠目で見ると少しグレーに見え、非常に上品な印象を与える石材です。
image (1)こちらの記事もおススメです。G688を使用したお墓を掲載中。
お墓を建てる前に知っておきたい。おススメ!おしゃれお墓デザイン①

 

・第三位 AG213

原産国:中国
吸水率:0.112%
AG213は、「エー・ジー・ニー・イチ・サン」と読みます。愛媛県産大島石によく似ており、 石目が こまかくとても綺麗な石です。国産石碑の外柵に使用したり、国産に比べ安価ですので石碑としても使用頻度が多くあります。黒玉をあまり含まないためか、すっきりした高級感のある佇まいに仕上がります。排水性もそこそこあるので、雨後の状態は、それほど水を取り込んだ感じはしません。比較的新しい石種ですが、同ランクの白御影石と比べると石質はいいと言われています。
image (2)

まとめ

お墓を建てるときの石材選びですが、板石のサンプルを見た印象と、実際に建てたお墓を見た印象と、同じ石材を使用していても実は違って見えます。それは実際に屋外でお墓を見るときの天気によっても大きく変わる為です。晴れの日ですと、青空などが映り込み青みがかって見える場合もあります。また雨の日や曇った日には、少し暗く見えたりもしますので、意識してみるといいかもしれません。また、白い御影石は色が濃い目の石材とも相性がいいので、組み合わせを考える場合にはオススメです。

 

石の種類に関してのオススメ記事はコチラ

お墓の石の種類について『インド墓石編』
中国産墓石の品質は?いいの?悪いの?
石屋さんが教える、知っておきたい石材の事。(入門編)

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
泉原克哉

泉原克哉

アドバイザー部 大井川店店長株式会社牧之原石材
九州は福岡出身の1975年生まれ。
アパレル業界・アミューズメント業界を経て、縁あって石材業に転身。
マキセキでは、アドバイザーとして、お客様の『想い』を込めたお墓づくりを心がけ親身で明るい対応に好評を頂き、少しずつファンも上昇中?!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket