静岡県|お墓の見積金額に入っている費用は?墓石以外の費用はどうなる?

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

こんにちは。先日墓石見学にいらっしゃったお客様に、「見積以外にかかる費用はありますか?」というご質問をいただきましたが、当社の見積は記載してある金額以外のご請求は基本的にはありません。その為、請求書上部に記載してある税込価格が最終的な金額となるのです。今回は、当社の見積費用についてお伝えします。
2016年10月19日に公開した記事ですが、内容加筆、修正し2020年1月26日に改めて公開しています。

お墓を支える基盤となる「基礎工事費用」


建物を建てるときに重要な「基礎工事」。お墓を建てる際も、基礎工事が必要になります。基礎工事をしっかり行わないと、お墓のズレや災害の被害を助長してしまいます。当社の「基礎工事」は、加盟している「全優石(全国優良石材店)」グループにて施工基準が定められており、掘り下げる深さや石(グリ石)の並べ方、鉄筋やコンクリートの打設などを基準通りに施工することが義務付けられています。土壌が不安定な場合等に関しては、通常の基礎工事ではなく「D-BOX工法」「コマブロック工法」などのオプション工事を提案する場合もあります。

基礎工事の詳しい記事はこちら↓
家もお墓も大事なのは基礎工事!基礎工事の種類とは?

地震にも安心の「耐震・免震施工費用」


最近は地震も多く不安を抱えている方もいらっしゃるかと思いますが、墓石の据え付けにも耐震・免震の施工を行っております。耐震パットや免震ボンド・L字金具などを使用して、災害時にできるだけ耐えられるような施工をしております。こちらもオプションではなく、基本施工として入っております。

希望の彫刻を叶える「彫刻代金」


最近は昔のお墓とは違い、形も従来の和型から洋型へ変わり彫刻方法も変わりました。彫刻方法に関しては、通常の彫りとは違う影彫りと言われる手法も選べ、細かい絵や写真を彫る際に使用される事が多いです。通常オプションとなる影彫り手法が、当社のお見積の中には入っております。もちろんオプションになってしまう彫刻方法もありますが、一生に一度作るかどうかのお墓です。いつまでも満足できるような彫刻をしたいですよね。

参考記事
知らない人必見! 今のお墓は文字だけではないんです

まとめ

いかがでしたでしょうか?お見積りを見る際に、ついつい金額のみに目を向けてしまいがちですが、お墓を支える基礎工事の費用等、間接作業の金額も見るよう意識していただければと思います。又、当社の場合は請求書上部に税込みの総額を大きく記載しており、はっきりとわかりやすい明朗会計となっている為、見積以外の費用は一切掛からないといった点が、予算がある方にとっても安心できるのではと思います。現在お墓の購入を検討している方はもちろん、どのくらいの費用がかかるのか知りたいという方も是非お気軽にご相談下さいませ。

当社で建立されたお客様の声↓
http://www.maki-seki.jp/voice
供養の仕方やお墓のこと等、終活相談会はこちら↓
https://www.m-seki.jp/blog/archives/9375

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
磯部美智代

磯部美智代

彫刻・WEB広報担当株式会社牧之原石材
某通販会社にてWEBデザイナーとして通販サイトを作成。
その後、縁あって当社に入社し、主に墓石の文字・絵の彫刻原稿を担当。
お客様の想いを表現し、満足していただけるような提案を日々心がけている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket