お墓を建てる前に知っておきたいオススメ!おしゃれお墓デザイン②

161026泉原「お墓を建てる前に知っておきたいオススメ!おしゃれお墓デザイン②」

お墓を建てる・引越し・跡継ぎ・墓じまい・霊園・寺院探し

こんにちは!だんだん日中過ごしやすくなってきました。さて、今人気のお墓のデザインですが、土台も石塔部分も同じ墓石の種類で、デザインしたお墓を紹介します。塔婆立のつくりは特に参考になるかと思います。今回のお墓はコチラです。
写真 2016-10-16 11 02 58

目次

  • 墓石の種類について
  • 石塔部分のこだわりについて
  • 土台部分のこだわりについて
  • まとめ

墓石の種類について

まず、墓石の種類に関しましてはインド産のM1-Hという石を使用しています。M1-Hという石は、非常に硬く、吸水率0%と言われています。また、同じデザインの部材をM1-Hと他の墓石と重さを比べると、M1-Hの方が重くなります。それだけ石の密度が高いということになります。見た目の印象や色は黒い石ですが少し、緑の斑があり一般的な真っ黒な墓石より少し優しい雰囲気がある石種です。牧之原石材ではカラーの完成予想図を作成しご案内できますので、他の墓石の種類と比較することもでき『すごくイメージしやすいし、わかりやすいね』とありがたいお言葉をたくさん頂いています。
写真 2016-07-02 14 24 48


石の種類に関してのオススメ記事はコチラ

お墓の石の種類について『インド墓石編』
石屋さんが教える、知っておきたい石材の事。(入門編)

石塔部分のこだわりについて

石塔部分はとにかくシンプルな中にも優しい雰囲気を出すために、上部と側面を丸くしました。また、どっしりした安心感も出せるように石塔の下部にいくに従い、幅と奥行きを広げました。さらに、上台と花立・水鉢に関しては、メインの石塔と同じように丸く加工し、統一感を出しました。
写真 2016-10-16 11 06 18

土台部分のこだわりについて

土台部分に関しましては、『墓地の面積が狭い場所でおしゃれなお墓を建てると…』というテーマで作り始めましたので、墓誌(戒名板)をどこに付けるかを迷いました。今回のデザインでは、納骨蓋の幅を通常より広くつくり、納骨蓋に戒名や故人のお名前などを彫刻するようにしました。そうすることで、全体のスッキリしたイメージを損なわずにシンプルな見た目を維持できました。また塔婆立を土台と一体化するように工夫をし、塔婆立に水がたまらないように、水抜きの穴を空けました。
写真 2016-10-16 11 06 02写真 2016-10-16 11 06 30

まとめ

今回のデザインは、土台部分と石塔部分を同じ種類の墓石のものを、紹介いたしました。もちろん、土台部分と石塔部分が違う種類の墓石を使用してもOKです。完成イメージ図を作成出来ますので、様々な種類の墓石でシミュレーションをした中から、気に入られたデザインをお選び頂いております。墓地の大きさや、通路の幅の大きさなど、様々な要因を考慮しながらデザインを致しますので、お墓を建てる予定の墓地に専門のアドバイザーをお連れしご相談されることを、オススメいたします。
写真 2016-02-11 11 20 57写真 2016-09-17 14 38 13

コチラも必見!↓
読んで納得!石屋が語るお墓のかたち、洋型墓石の魅力!!
お墓を建てる前に知っておきたい。おススメ!おしゃれお墓デザイン①

お墓を持たずに供養を検討している方へ
The following two tabs change content below.
泉原克哉

泉原克哉

アドバイザー部 大井川店店長株式会社牧之原石材
九州は福岡出身の1975年生まれ。
アパレル業界・アミューズメント業界を経て、縁あって石材業に転身。
マキセキでは、アドバイザーとして、お客様の『想い』を込めたお墓づくりを心がけ親身で明るい対応に好評を頂き、少しずつファンも上昇中?!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket